ニュース
» 2006年06月05日 14時24分 UPDATE

YouTubeの謎のメッセージの正体は……

YouTubeは謎のメッセージが世間を騒がせたことを謝罪した。

[ITmedia]

 「びっくりさせてしまったのならごめんなさい」――動画共有サイトYouTubeが、日本時間2日に起きた数時間のサービス停止と謎のメッセージについて謝罪した。

 同社は2日付のブログで、サービス停止は新機能を追加するためだったこと、サービス停止中に表示された謎のメッセージはジョークだったことを明かした。

ah_youtube.jpg 初めは「ALL YOUR VIDEO ARE BELONG TO US」というメッセージのみが表示され、ハッキングされたのではないかと騒がれた。
ah_youtube2.jpg 問い合わせが殺到したのか、「ハッキングされたのではない」「電話をしてこないでほしい」というメッセージが追加された。

 「たった32人の会社に世間がどれだけ注目しているかを、われわれはよく忘れてしまうのです」と同社はコメントしている。

 今回追加された新機能は、ユーザーが自分の「チャンネル」を作る機能、ブログソフトに直接ビデオを投稿する機能、視聴履歴の3つ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -