ニュース
» 2006年06月19日 12時29分 UPDATE

仏Microsoftサイト、ハッキングされる

改ざんされたサイトには「次の標的はmicrosoft.comだ」というメッセージが。

[ITmedia]

 Microsoft FranceのWebサイトがトルコのクラッカーによりハッキングされた。ハッキング監視団体Zone-Hが報告した。

 TiTHacKと名乗るこのハッカーグループは6月18日、仏Microsoftの専門家向けサイト(http://experts.microsoft.fr/default.aspx)を改ざんした。Zone-Hはこのグループから、サイトを「冗談半分で」書き換えたという知らせを受け取ったという。

 改ざんされたサイトには、「おまえたちのシステムはトルコのハッカーがいただいた」「次の標的はmicrosoft.comだ」といったメッセージが表示された(19日正午時点では、このページにアクセスすると「ページを表示できません」というエラーメッセージが表示される)。

ah_msfr.jpg

 Zone-Hは、TiTHacKがWebサーバに侵入して改ざんを行ったと話していることから、仏Microsoftサイト上のIIS6かWebアプリケーションの脆弱性を突いた可能性があると考えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -