ITmedia NEWS >

セキュリティ

ITの普及によって便利になる生活。その光の一方、セキュリティの重要性も増しています。今すべきセキュリティとは何なのでしょうか――。

TOPICS

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

楽天が鳴り物入りで投入した電子書籍サービスに、発売当日から不具合が続出した。

ITニュースをめぐるあれやこれやを編集部からお届けします。

icon

「Nintendo Switch」のオンラインプレイに接続できない障害が27日朝に発生。午後1時〜6時のメンテナンスも予告した。

(7月27日 10時42分)
news045.jpg

女子プロ野球オールスターゲームのファン投票が「不正な投票によるアクセス集中」による障害で中止。オールスター選出選手は実績から判断して改めて発表する。

(7月27日 09時22分)
news044.jpg

リモートコード実行など、ユーザーのプライバシーやセキュリティを脅かすWindowsの脆弱性について、500ドル〜25万ドルの報奨金を支払う。

(7月27日 09時15分)
news041.jpg

標的型スパイウェア「Lipizzan」を仕込んだアプリが「バックアップ」などの一見無害なアプリを装ってGoogle Playで配信され、100台ほどのデバイスにインストールされていたという。

(7月27日 08時45分)
news040.jpg

Googleを装ったSMSを送りつけてスマートフォンなどがウイルスに感染したと思わせ、対策費用として現金をだまし取るなどしたとして、男2人が再逮捕。

(7月27日 07時06分)
news052.jpg

ソフトバンク・テクノロジーに不正アクセス。マルウェアとして仮想通貨採掘プログラムが仕込まれていたという。

(7月25日 09時45分)
news049.jpg

法人向けGoogle Groupsの設定に関する不注意が原因で、大手企業などのセンシティブな情報を含むメッセージが一般に公開された状態になっていたという。

(7月25日 08時30分)
news057.jpg

問題のチップセットは幅広いAndroid端末やiOS端末に搭載されている。AppleとGoogleはそれぞれ、7月に公開したセキュリティアップデートでこの脆弱性に対処した。

(7月24日 08時00分)
news073.jpg

「第40回 隅田川花火大会」では、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を監視。会場周辺の事故などの情報をリアルタイムで抽出し、警備に役立てるという。

(7月21日 12時13分)
news052.jpg

AlphaBayは約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。

(7月21日 09時10分)
news015.jpg
ITりてらしぃのすゝめ:

あなたも知らないうちに「ハッキング」をしているかも?

(7月21日 07時00分)
news046.jpg

新しく作成されてまだ承認プロセスを通過していないWebアプリやApps Scriptsについては、「まだ承認されていません」という警告画面を表示する。

(7月20日 08時20分)
news044.jpg

iOS、macOS、watchOS、Safari、tvOS、およびWindows向けのiCloudとiTunesのセキュリティアップデートが公開された。

(7月20日 07時45分)
news061.jpg

女性名の不正アカウント約9万件で構築するボットネットから、ユーザーをポルノサイトや出会い系サイトに誘導するツイートが大量に投稿されていた。

(7月19日 10時30分)
news112.jpg

取引に必要なパスワード、マイナンバーは漏えいしていないという。

(7月18日 18時08分)
news054.jpg

「つながる玩具」は知らないうちに大量の個人情報を流出させる可能性があり、子供のプライバシーや身の安全が危険にさらされる恐れもある。

(7月18日 08時30分)
news124.jpg

シマンテックが約1万5000人を対象に「フリーWi-Fi」に対する意識調査を行った。そこから見えてくる実情は……?

(7月14日 19時40分)
news075.jpg

「LINE NEWS」でユーザーの属性に合わせたニュースを表示へ。使用したスタンプやアプリなどの情報を参考に、適したニュースを表示するという。

(7月14日 12時36分)
news055.jpg
誰でもダウンロード可能に:

Verizonから業務を委託された企業は、加入者の氏名、住所、暗証番号などの情報をAmazon S3に保存していたが、URLさえ分かれば誰でもアクセスしてデータをダウンロードできてしまう状態だったという。

(7月13日 10時00分)
news053.jpg

Flash Playerの脆弱性ではリモートの攻撃者にコードを実行される恐れがあり、できるだけ早く最新版に更新する必要がある。

(7月12日 09時19分)
news052.jpg

IEやWindows向けの更新プログラムは、多数が「緊急」に指定されている。Windows Searchに存在するリモートコード実行の脆弱性は、SMB経由でも悪用される恐れがある。

(7月12日 09時00分)
news050.jpg

ドナルド・トランプ米大統領は、7日のウラジーミル・プーチン露大統領との初会談で、選挙介入などに対処するための米露合同サイバーセキュリティ対策グループを結成することで合意したとツイートした。

(7月10日 07時41分)
news073.jpg

LINEをかたるフィッシングメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意喚起。

(7月7日 11時26分)
news060.jpg

管理者は1つの証明書と鍵の組み合わせを、1つのドメインとそのサブドメイン全てに使うことができ、HTTPSの導入がはるかに容易になるという。

(7月7日 09時15分)
news056.jpg

「CopyCat」は感染した端末のうち約800万台をroot化し、推定1500万ドルの不正な広告収入を上げていたという。

(7月7日 08時30分)
news060.jpg

10月中旬から、羽田空港の入国審査に「顔認証ゲート」が導入される。

(7月6日 10時09分)
news055.jpg

「私に100ビットコインを送金すれば、どんなハードディスク(起動ディスクを除く)も復号できる秘密鍵を提供する」と持ち掛ける内容が投稿された。

(7月6日 09時10分)
news054.jpg

メディアフレームワークの脆弱性は、10件が「Critical(重大)」に分類。リモートからの任意のコード実行に利用される恐れがある。

(7月6日 08時55分)
news021.jpg
ITりてらしぃのすゝめ:

Twitterで身に覚えのないツイートが――よく分からないサードパーティー製アプリに「アクセスを許可」した記憶はありませんか?

(7月6日 07時00分)
news118.jpg

セコムの新型ホームセキュリティは、スマートフォンから家の警戒状態の操作も可能。独自のスマートウォッチとの連携機能も備えた。

(7月5日 17時28分)
news060.jpg

2016年に検出されたマルウェアのサンプル数は、前年に比べて14%減少した。しかし安心はできないという。

(7月5日 08時00分)
news085.jpg

脆弱性は最新版で修正されている。

(7月4日 14時03分)

欧州を中心に、「Petya」と呼ばれるランサムウェアにる大規模な被害が発生しているとし、総務省が注意呼び掛け。

(7月3日 12時09分)
news053.jpg

日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。

(6月30日 09時06分)
news059.jpg

セキュリティ企業によると、今回の攻撃に使われたのはランサムウェアではなく、ディスクの内容を消去する破壊的なマルウェアで、破壊されたデータの復号は不可能だという。

(6月29日 09時15分)
news057.jpg

Microsoftは、ウクライナの会計ソフトの更新の仕組みが悪用され、同国から欧州に感染が広がったと推定している。

(6月29日 09時00分)
news059.jpg

6月27日の世界同時攻撃に使われたランサムウェアは、5月に猛威を振るった「WannaCry」と同じハッキングツールを利用していた。

(6月28日 08時55分)
news058.jpg

ランサムウェア「Petya」の新しい亜種による大規模攻撃が発生。ウクライナを中心に、重要インフラがダウンするなどの大きな被害が出ている。

(6月28日 08時30分)
news058.jpg

攻撃者が不正なファイルをWebサイトに仕込んだり、電子メールなどで送り付けたりする手口を使ってマルウェア対策エンジンにスキャンさせれば、システムを制御することも可能とされる。

(6月27日 08時50分)
news062.jpg

セキュリティ企業のCheck Pointが、感染数について「世界で2億5000万台以上」と伝えたことに対し、Microsoftは「誇張され過ぎ」と反論した。

(6月23日 09時15分)