ニュース
» 2006年06月21日 19時57分 UPDATE

ヤフオク、入札無料化を検討

ヤフーが「Yahoo!オークション」の入札・落札の完全無料化を検討していることを明らかにした。参加の間口を広げ、利用者を増やす狙いだ。

[ITmedia]

 ヤフーは6月21日、「Yahoo!オークション」の入札・落札の完全無料化を検討していることを明らかにした。現在は「Yahoo!プレミアム」(月額税込み294円)への登録が必要だが、これを不要にして参加の間口を広げ、利用者を増やす狙いだ。

 Yahoo!JAPAN IDを3年以上利用しているユーザーとYahoo!BB会員に限り、同日から来年6月20日までの期間限定で入札・落札とも無料とするキャンペーンを始めた。それ以外のYahoo!IDユーザー向けにも検討する。出品手数料の無料化は「考えていない」(同社)という。

 Yahoo!オークションは1999年にスタート。2001年に「違法行為や迷惑行為を防ぎ、収益を拡大するため」(同社)として本人確認費用を徴収する有料制に移行した(関連記事参照)

 入・落札の無料化は「参加者が増え、場が成熟してきた」ための措置という。ヤフオク上の違法行為はほとんどが出品時になされており、入札のハードルを下げても違法行為を助長する可能性は低い、と同社は見ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -