ニュース
» 2006年06月27日 10時12分 UPDATE

Boeing、機内ネットサービスの「今後を検討」

Boeingは機内ネットサービス「Connexion」の今後について、売却や共同経営、サービス終了などの選択肢を顧客と話し合う。

[ITmedia]

 米航空機メーカーBoeingは6月26日、機内ネットサービス事業のConnexionの今後について複数の選択肢を評価していることを明らかにした。

 Connexionサービスの市場が十分に発展していないため、次のステップを決めるために顧客とともに同サービスの市場やビジネスモデルを評価するとBoeingは述べている。同社は航空、防衛、海運分野などの顧客と会合を設ける予定であり、その間はConnexionサービスを拡大しないという。

 この会合後に、売却や共同経営、サービス終了を含めたビジネスモデルの変更を決定すると同社は述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -