ニュース
» 2006年06月28日 08時23分 UPDATE

スパイウェア疑惑のMSツールがアップデート

「スパイウェア的」と批判されていたMicrosoftの海賊版対策ツール正式版がリリースされた。設定チェック機能は削除され、アンインストール方法も紹介されている。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月27日、海賊版対策ツール「Windows Genuine Advantage(WGA) Notifications」のアップデート版をリリースした。

 WGA Notificationsは正規のWindows XPを使っていないユーザーに警告を表示するソフト。今回のアップデートで正式版となり、各国のWindows XPユーザー向けに段階的に配布される。まず英語、スペイン語など欧州の言語向けにアップデートを適用する予定。

 同プログラムはMicrosoftが海賊版対策として昨年から試験導入していたが、ユーザーからはスパイウェア的だと批判する声が上がっていた。

 アップデート版ではこうした批判に対応。試験段階では同プログラムをインストールしたPCがログインするたびにサーバサイド設定をチェクしていたが、アップデート版ではこの設定ファイルチェック機能が削除された。

 ただ、Windows XPが正規版かどうかを確認する「WGA Validation」では今後も定期的なチェックを行い、必要な情報を収集するとMicrosoft。この情報を使って顧客を特定したり、顧客に接触することはないと説明している。

 エンドユーザーライセンス合意では、WGA Notificationsの目的と機能に関する詳細や、プライバシー情報についての記載を明確化させた。アップデート版のインストールを望まない場合や過去にインストールしたバージョンを削除したい場合は、同社サイトに掲載した記事で削除するやり方を公開している。

 プログラムへの参加は完全に任意であり、重要なセキュリティアップデートは引き続き全ユーザーに提供すると、Microsoftは強調している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -