ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年07月10日 17時55分 UPDATE

松下、世界最大103V型フルHDプラズマパネルを発売

世界最大となる103V型フルHD対応PDPを松下がまず米国で発売。年内に日欧にも投入する。

[ITmedia]

 松下電器産業は7月10日、103V型と世界最大のフルHDプラズマディスプレイ(PDP)の受注を米国業務用ルートで始めた。年内には日本と欧州でも発売し、年間5000台の販売を目指す。

photo 50V型との比較

 今年1月に開発を発表し、「2006 International CES」などで公開してきた。尼崎工場(兵庫県尼崎市)の2期ラインが6月末に稼働を開始、供給体制が整ったため、放送局用スタジオモニターや電子看板などの用途で引き合いがある米国業務用市場でまず販売する。納入は今秋からの予定。

 画面サイズは横幅が約2.27メートル、高さが約1.28メートル。1920×1080ピクセルのフルHD表示に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.