ニュース
» 2006年07月13日 08時18分 UPDATE

「iPodよりもWi-Fi」――米Wi-Fi推進団体が調査

Wi-Fi Allianceの意識調査によれば、iPodとWi-Fiのどちらかを選べと言われたら、Wi-Fiの方を取るという回答が8割に上った。

[ITmedia]

 iPodとWi-Fiのどちらかを選べと言われたら、大多数がWi-Fiを取る――。無線LAN推進団体のWi-Fi AllianceがKelton Researchに委託して実施した意識調査で、こんな傾向が明らかになった。

 この調査は自宅で無線LANを使っている米国のコンシューマー551人を対象に、オンラインで行われた。iPodと自宅のWi-Fiのどちらを選ぶかという問いには、80%対21%の割合でWi-Fiに軍配が上がった。

 自宅の電話とWi-Fiをはかりにかけた場合、電話はなくても生きていけると79%が回答。Wi-Fiの方を捨てると答えたのは21%にとどまった。

 週に2、3回は自宅で仕事をすることがあるという人は55%に上ったが、従来のようにデスクに座っての作業ではなく、台所やリビングルーム、コーヒーショップや本屋などが仕事場になっているという。

 この調査結果で、レジャーや仕事の一部としてWi-Fiの勢力が増していることが示されたとWi-Fi Allianceは結論付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -