ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年07月14日 08時27分 UPDATE

「安全なMySpace」目指し、Foxが保護者向けキャンペーン

MySpaceを運営するFoxがサイトとテレビで保護者啓発キャンペーンを展開。CMには連続ドラマ「24 TWENTY FOUR」で主演したキーファー・サザーランドを起用する。

[ITmedia]

 人気ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)のMySpaceを運営する米Fox Interactive Media(FIM)と非営利組織のCommon Sense Media、保護者団体のPTAが協力して、全米規模のインターネット安全キャンペーンを展開する計画を7月13日、発表した。

 キャンペーンはFox親会社のNews Corp.が支援して、広告資金などを拠出。Common Sense Mediaが独自に作成した「保護者のためのインターネットサバイバルガイド」をサイトを通じて配布するとともに、MySpace.com、AmericanIdol.comなどFoxの系列サイトと系列CATV放送局で啓発広告を展開する。

yu_kiefer.jpg

 テレビCMには、Foxの連続ドラマ「24 TWENTY FOUR」で主役のテロ対策員を演じたキーファー・サザーランドが出演。インターネットの安全に関するメッセージを全米のファミリーに届ける役割を担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.