ニュース
» 2006年07月28日 08時09分 UPDATE

Kazaa、音楽業界と和解

大手レコード会社に著作権侵害で訴えられていたKazaaが、「相当額の賠償金」支払いと、フィルター技術の導入に同意した。

[ITmedia]

 大手レコード会社がP2Pファイル交換サービスのKazaaを著作権侵害で訴えていた訴訟で和解が成立した。業界団体の国際レコード産業連盟(IFPI)が7月27日、発表した。

 和解条件に従い、Kazaaは相当額の賠償金をレコード会社に支払う。また、著作権を侵害したファイルをユーザーが配布できないよう、フィルター技術を導入する。

 これにより、音楽業界がオーストラリアと米国でKazaaを相手取って起こしていた訴訟は決着する。和解条件は世界各国でのKazaa運営に適用される。

 IFPI会長兼CEOのジョン・ケネディ氏は「Kazaaは過去の行為のために重い代償を払った。今後は合法モデルへと移行し、強力な配信技術を正規利用へと転換させる」と述べている。

 この問題をめぐってはオーストラリアの連邦裁判所が昨年、Kazaaには著作権侵害を容認している責任があると認定。米国でもレコード会社や映画会社がKazaaとGrokster、Streamcastを著作権侵害で提訴し、米連邦最高裁でP2Pネットワーク側の責任を問う判決が言い渡されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -