ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2006年08月02日 16時20分 UPDATE

写真から3Dモデルを作る技術、MSと米大学が開発

Microsoftはインターネット上で数千枚の写真を合わせて詳細な3Dモデルを作る「Photosynth」を年内に提供する。

[ITmedia]

 米Microsoftとワシントン大学の研究者は8月2日、グラフィックス技術展示会SIGGRAPHで新しい写真閲覧システムを披露する。

 このシステムでは、インターネット上で自分の手持ちの写真と他人が持っている数千枚の写真を合わせて、どのアングルからでも見られる詳細な3Dモデルを作ることができる。

 このシステムのプロトタイプ「Photosynth」は年内にダウンロード提供される予定だ。これは、SIGGRAPHで発表される「Photo Tourism: Exploring Photo Collections in 3D」という研究論文を基にしている。

ah_photosynth.jpg Photosynth

 「これはスライドショーとゲーム体験を合わせたようなものだ。ズームインして(3Dモデルを)詳細に見たり、ズームアウトして広い視野で見ることができる」とMicrosoft Researchのインタラクティブビジュアルメディア部門マネジャー、リチャード・スゼリスキー氏は語る。

ah_3dm1.jpg 写真が自動的に3Dモデルのスケッチ内に並べられる
ah_3dm2.jpg 画像に関する情報を表示する情報ペインや、画像を動かすナビゲーションボタンが表示される。

 ワシントン大学のPhoto TourismページやMicrosoft Researchのサイトでこの技術のデモなどを見ることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.