ITmedia NEWS >

科学・テクノロジー

IT製品・サービスにまつわる新技術や科学の話題を掲載します。

icon

京大などの研究グループがサイコパスが「うそをつく」メカニズムを調査。サイコパス傾向が高い人ほどうそをつくかどうかの意思決定が速く「半ば自動的にうそをついてしまう」ことが分かった。

(7月20日 12時27分)
news066.jpg

小惑星「リュウグウ」に先月到着した探査機「はやぶさ2」の探査状況を、JAXAのチームが発表し、リュウグウは壊れた天体の破片が集まってできた可能性があるとの見方を明らかにした。

(7月20日 07時28分)
news065.jpg

ネッシー伝説があるネス湖で、湖水のサンプルを採取してDNAを解析し、生物種を特定する生態調査が進んでいる。研究者自身は「ネッシーの存在を信じていない」が、10歳の息子と友人が熱い期待を寄せる姿を見て、「ネッシーは少年のロマン」と調査を決断した。

(7月20日 07時20分)
news136.jpg

情報・システム研究機構国立遺伝学研究所と東京工業大学は7月19日、生命誕生や進化に関する最新の研究仮説を盛り込んだ動画「全地球史アトラス」の新シリーズをYouTubeに公開した。

(7月19日 19時33分)
news119.jpg

人工衛星から「人工流れ星」を降らすプロジェクトに、小惑星探査機「はやぶさ」の開発に携わった川口淳一郎さんが顧問として加わった。

(7月18日 17時34分)
news046.jpg

全国の学生が宇宙技術のアイデアを競う「衛星設計コンテスト」が今年も開かれた。審査は、日本の宇宙開発を第一線で支えてきたベテランの研究者らが学生相手でも容赦せず、本気で向き合うのが持ち味だ。

(7月17日 07時01分)
news056.jpg

西日本豪雨では、同じ場所の上空で新しい積乱雲が次々と生じる「バックビルディング現象」が発生したため、長時間にわたって同じ地域に大雨をもたらしたことが分かった。

(7月11日 07時16分)
news113.jpg

探査機「はやぶさ2」とらえた小惑星「リュウグウ」の3D連続写真をJAXAが公開。赤青のメガネを装着して見ると、リュウグウを立体的にとらえることができる。

(7月10日 16時03分)
news058.jpg

濁流が住宅街に押し寄せた岡山県倉敷市真備町地区。同地区では高梁川の支流で5カ所の堤防の決壊が確認されたことが分かった。専門家は、決壊の一因として、豪雨などで水位が高まった川が支流の流れをせき止める「バックウオーター現象」が起きた可能性を指摘している。

(7月10日 07時32分)

関東地方などで梅雨が明け、いよいよ夏本番。都市部を猛烈な暑さが襲うヒートアイランド現象が顕著になる時期だ。近年は東京五輪をターゲットに、多様な「都市を冷やす」対策の研究開発が進んでいる。

(7月9日 07時16分)

昭和の終わりごろブームを巻き起こした「ウーパールーパー」は恐るべき再生能力を秘めている。謎解きの鍵を握るゲノム(全遺伝情報)サイズは、ヒトの10倍以上。科学者は今年、その情報をついに解読した。

(7月9日 07時08分)
news118.jpg

米Walt Disney Animation Studiosが、ディズニーのアニメ映画「モアナと伝説の海」に登場する島の3DCGデータアセットを無償公開。研究開発に役立ててほしいという。

(7月6日 20時50分)
news056.jpg

MITが開発する四足ロボット「Cheetah 3」は、カメラや視覚センサーなしで“触覚”だけで走り、ジャンプし、階段を登る(動画あり)。

(7月6日 10時54分)
news048.jpg

科学研究に一般市民が参加する「シチズンサイエンス」という研究手法への関心が高まっている。はるか宇宙のかなたの銀河の解析から、庭先にいる身近な生物の調査まで活用分野は幅広い。

(7月4日 06時31分)

インターステラテクノロジズによる小型ロケットの打ち上げ失敗は民間企業によるロケット開発の難しさを改めて示した。同社は2020年にも超小型衛星の打ち上げビジネスに参入する戦略だったが、遅れは避けられない。

(7月2日 06時34分)

探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着した。地球の生命は、どのように誕生したのか。この謎に迫るのは、はやぶさ2だけではない。JAXAは、次の一手となる探査の構想を練っている。

(7月2日 06時27分)
news129.jpg

探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」は“黒い小惑星”。NASAが探査している別の小惑星との類似点も多く、JAXAのプロジェクトチームは「比較できる点が増えた。局面が変わった」と期待を寄せる。

(6月27日 20時16分)
news085.jpg

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」上空20キロ地点に到着した。今後、リュウグウの探査活動を行う。

(6月27日 12時55分)
news079.jpg

「かけるだけで顔認識できなくなるサングラス」「指に転写するだけで指紋を盗めなくなるシール」――このように機械を“だます”技術を、国立情報学研究所(NII)が開発している。

(6月25日 13時58分)
news062.jpg

小惑星「リュウグウ」到着が迫った探査機「はやぶさ2」の軌道を修正する作業が24日、JAXAで報道陣に公開された。チームメンバーが作業の成功を確認すると、管制室は喜びに包まれた。

(6月25日 06時53分)
news116.jpg

小惑星探査機「はやぶさ2」のカメラが撮影した、小惑星「リュウグウ」の姿は「こま型」だった。

(6月21日 17時49分)
news103.jpg

国立情報学研究所(NII)などが6月18日〜19日に開催した「JAPAN OPEN SCIENCE SUMMIT 2018」で、LIFULL、リクルートテクノロジーズ、クックパッド、京都大学、筑波大学が、オープンサイエンスの一環で企業データを公開することの意義や、大学がそれを用いて研究することの利点や課題について議論を交わした。

(6月20日 17時38分)
news051.jpg

世界各地の海岸に転がっている球状の不思議な岩石。大きなものは直径数メートルもあり、内部から化石が見つかるため古生物学者の間でよく知られてきた。謎に包まれた形成の仕組みを名古屋大などのチームが解明した。

(6月19日 07時03分)
news071.jpg
Oculus Go! Go! Go!:

Oculus GoとGear VRで、PCVRの映像をワイヤレスで飛ばして体感できるアプリが登場。

(6月15日 11時15分)
news086.jpg

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」まで約750キロの地点に到達した。27日前後に到着する見通し。JAXA宇宙科学研究所の吉川真さん(ミッションマネジャー)は「日本からブラジルにある6センチの的を狙うのと同等」という。

(6月14日 14時14分)
news141.jpg

音声を使ったARゲームイベントが東京・渋谷で開催される。街に約200個のBeacon端末などを設置。位置情報に応じてイヤフォンから流れる音声情報などを基に、架空の時限爆弾を探し出す。

(6月13日 19時17分)

インドで、コウモリが宿主とみられる「ニパウイルス」が拡大し、感染症による死者が相次いで確認された。発症した場合、最高75%が死亡するとされる致死性の高いウイルスだ。地元メディアには日本企業の薬品に期待する記事が登場している。

(6月13日 06時37分)
news118.jpg

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」に6月27日前後に到着する見通し。7日現在、リュウグウまでの距離は約2100キロ。

(6月7日 17時54分)
news058.jpg

このコテを使ってまぜた壁土は上質に、この陶器で飲む酒は味がマイルドになる……。鍛冶や陶器など職人が手作業で生み出す商品に伝わる評判を科学の力で解析しようという試みが進む。「匠の技」を現代のものづくりにつなげる狙いだ。

(6月6日 07時13分)
news153.jpg

東京大学などが、バストの大きさや月経痛の重さなど、女性特有の体質と関連が強い遺伝子が存在している領域を発見。より解明が進めば、個人の体質に合ったアドバイスや、病気の予防法を提案できる可能性があるという。

(6月1日 18時31分)
news079.jpg

東京大生産技術研究所は、ラットの細胞を培養して作った筋肉を使い、人間の腕と似た仕組みで動くロボットを開発した。筋肉のメカニズムや老化の研究、生体と融合可能な義手・義足の開発につながることが期待される。

(6月1日 07時04分)
news125.jpg

約6600万年前の白亜紀末に、恐竜など生物の約76%が大量絶滅する引き金となった、メキシコ・ユカタン半島への小天体衝突。直径200キロに及ぶ巨大クレーター内部を調べたところ、衝突後わずか2〜3年で“爆心地”に生命が復活していたことが分かった。

(5月31日 18時17分)
news057.jpg

ふるさと納税の返礼品で、聞き慣れない深海生物で人気を集めている自治体がある。漁業のまち、静岡県焼津市だが、返礼品の「オオグソクムシ」って一体何だ!?

(5月29日 07時48分)
news056.jpg

シカと電車の接触事故を減らそうと、近畿日本鉄道が導入した「シカ踏切」が絶大な効果を発揮している。運行時間帯はシカが嫌がる超音波で線路から遠ざけ、終電から始発までの夜間はそれを止め、自由に線路を横切れるようにするという画期的なシステムだ。

(5月29日 07時44分)
news045.jpg

史上最大の肉食恐竜として知られる「スピノサウルス」の頭骨の化石が日本で所蔵されることになり、国内外の研究者が熱い視線を注いでいる。状態が極めて良い貴重な化石で、謎に包まれた生態を解明しようと学術的な分析が始まる。

(5月28日 06時46分)
news074.jpg

英国のネス湖で目撃報告がある、首長竜のような姿の未確認生物「ネッシー」。ニュージーランドの科学者が率いる国際研究チームが、DNA鑑定によりその存在の有無を明らかにしようとしていると、米TIME誌などが5月23日に伝えた。

(5月24日 12時20分)
news113.jpg

東芝は、標準的な通信用光ファイバーを使って通信距離を500キロ以上に拡大する量子暗号通信の新方式を開発した。19年中に有効性を実証することを目指し、研究開発を進める。

(5月23日 17時21分)
news054.jpg

「車いすは座るもの」という常識を変えるまたがって使う電動車いすロボット「RODEM」をロボットメーカーのテムザックが開発し、販売を始めた。後方からまたがるように乗るため、ベッドなどからの移動が1人でできる。

(5月23日 06時36分)
news082.jpg

マウスに自然環境音を聴かせながら飼育したところ、平均寿命が最大17%延長した――こんな研究結果を、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所と公益財団法人国立科学振興財団情報環境研究所の共同研究グループが発表した。

(5月22日 12時18分)
news086.jpg

NTTドコモが、第5世代移動通信方式(5G)を使い、海上で4K映像を伝送する実験に成功した。マリンスポーツのパブリックビューイングなどで活用を見込む。

(5月21日 16時41分)