ITmedia NEWS >

科学・テクノロジー

IT製品・サービスにまつわる新技術や科学の話題を掲載します。

TOPICS

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

楽天が鳴り物入りで投入した電子書籍サービスに、発売当日から不具合が続出した。

ITニュースをめぐるあれやこれやを編集部からお届けします。

icon

ちょろちょろと進む筆者の目の前で、勇敢な仲間(プレイヤー)が次々とやられていくゲームでした……。

(6月29日 20時05分)
news076.jpg

ライトノベルの挿絵にあたる部分がVRアニメーションになっている“VRライトノベル”が登場。物語の主人公の視点で読書体験できる。

(6月29日 14時07分)
news147.jpg
コンテンツ東京2017 VR・ARワールド:

恐竜の剥製を内側からのぞき見る――そんな体験ができるVR(仮想現実)ゴーグル「おウチで科博」。国立科学博物館と「ハコスコ」がコラボしたものだ。

(6月28日 21時01分)
news092.jpg

IDC Japanによると、国内外のAR/VRヘッドセット出荷台数は増加傾向にあり、2021年には9167万台に達するという。

(6月27日 15時00分)
news074.jpg

日立が、従業員の行動データから組織全体の“幸福度”を測定し、人工知能がよりよい働き方を助言する実証実験を実施。アドバイスによって幸福度と業績が向上したという。

(6月26日 13時55分)
news038.jpg

「トイレットペーパーを三角折りにしないで下さい」。ある病院でのこうした張り紙が話題になっている。

(6月26日 07時54分)
news138.jpg

被検者は1週間ここに住み、データを得る。

(6月23日 19時54分)
news086.jpg

「GPSがなければ大半のドローンは迷子になるでしょう。でも、こちらのドローンは違います」――GPSなしで森の中の細道を迷わず進めるドローンをNVIDIAが開発した。

(6月23日 12時18分)
news055.jpg

兵庫県の揖保川に外来魚「アリゲーターガー」が。地元漁協は捕獲に失敗したが、1人の“救世主”が登場。「アリゲーターガーを食べてみたい」と訪れた釣り人が先月、1匹を釣り上げたのだ。

(6月23日 07時20分)
news139.jpg

プラネタリウムの中に入って、地球を救う。

(6月22日 19時34分)
news035.jpg

東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。

(6月22日 08時00分)
news158.jpg
3D&バーチャル リアリティ展:

透明のケースの中を水が流れ、オレンジの果肉が舞う――そんな立体映像のように見えるデモンストレーションを、VR技術などの展示会「3D&バーチャル リアリティ展」で見てきた。その仕組みは。

(6月21日 20時18分)
news125.jpg
3D&バーチャル リアリティ展:

タッチパネルにお絵かきすると、離れたところにある車体にプロジェクションマッピングで投影される――そんなデモが「3D&バーチャル リアリティ展」に登場。

(6月21日 16時46分)
news089.jpg

Webサイトやスマートフォンアプリで、音楽やトーク番組を聴けた。

(6月21日 12時58分)
news054.jpg

任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が14年ぶりに引き下げられた。背景にあるのが車のハイテク化による事故の減少だ。

(6月21日 08時12分)
news120.jpg

大気汚染物質が原因で、肌荒れになりやすい県を、ポーラと日本気象協会が発表。大気汚染による肌荒れは「男性こそナーバスに捉えるべき問題」という。

(6月20日 18時47分)
news012.jpg
Mogura VR出張所:

日本のVR界の先駆者ともいえるGOROman氏が開発した「Mikulus」は、VR映像の中で初音ミクと触れあうことができる。VRで初音ミクはどう振る舞うのか。

(6月20日 07時00分)
news129.jpg

ヤフーが、スーパーコンピュータ「kukai」(クウカイ)の開発を発表。短時間・低コストで、大規模なディープラーニング処理が可能だという。

(6月19日 20時04分)
news126.jpg

呼吸運動を計測できる「ゆがみセンサー」を内蔵した衣服型ウェアラブルデバイスの開発がスタート。

(6月19日 19時15分)
news052.jpg

「VALU」が話題を集める中、パロディーサービス「NILU」が登場した。完全無料で“評価経済ごっこ”ができるお遊びサイトだ。

(6月19日 10時05分)
news048.jpg

神戸港のコンテナヤードで、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が新たに約100匹見つかった。

(6月19日 07時25分)
news127.jpg

NICTと大阪大学らが、脳波を使って英語の発音の違いを可視化する新技術を開発した。

(6月16日 19時57分)
news118.jpg
寄り道テック:

便器にセンサーを組み込んで使用者の体調を管理するスマートトイレには、個人識別が欠かせないが、そのための画期的(?)な研究結果がある。

(6月16日 18時33分)
news085.jpg

機材の不具合でオープンを延期していた「クラブセガ秋葉原」のVR施設が、6月17日にオープンする。

(6月16日 12時36分)
news106.jpg

野辺山の電波望遠鏡が「IEEEマイルストーン」に。

(6月15日 14時37分)
news008.jpg
よりぬきAIの遺電子さん:

週刊少年チャンピオンで連載中の“近未来版ブラック・ジャック”こと「AIの遺電子」がITmedia NEWSに登場。今回は第19話「エモーショナルマシン」を紹介します。

(6月15日 07時00分)
news113.jpg

バンダイナムコが7月14日にオープンするエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」のVRアクティビティーを先行体験。大迫力の「マリオカート」をプレイ。

(6月13日 18時05分)
news098.jpg

バンダイナムコのエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」が7月14日にオープン。「攻殻機動隊」や「マリオカート」など、人気作品のVRアクティビティーを多数用意する。

(6月13日 16時50分)
news121.jpg

空気を噴射して浮き上がり、最大20センチの段差を飛び越えるヘビ型ロボットを、東北大などが開発。

(6月12日 19時42分)
news083.jpg

呼気アルコール検査を受ける人と実際に運転する人が同一人物かを、顔認識機能で判定する検査器を日立が試作。8月に実証実験を始める。

(6月12日 14時55分)
news055.jpg
Mogura VR出張所:

VRはここまで進化した? 筋肉の動きを使った表情認識デバイス「MASK」の体験レポートを紹介。

(6月12日 11時00分)
news008.jpg
コンピュータで“錯視”の謎に迫る:

あなたはどう見える? 錯視画像から錯視要素を取りのぞいたり強めたりできるとな。

(6月12日 08時00分)

日本の研究チームが地質年代の名称として国際機関に提案する「チバニアン」が商標登録され、国立極地研究所などが特許庁に異議を申し立てた。

(6月8日 07時20分)
news116.jpg

人体に有害な化合物などを使用せずに成形可能。

(6月7日 17時41分)
news072.jpg

茨城大などの研究グループが、千葉県の地層「千葉セクション」を、地質時代の区分を決める標準地として国際学会に申請。審査をクリアすれば、その地質時代の名前が「チバニアン」になる。

(6月7日 11時46分)
news050.jpg

野生鳥獣による農林業被害が深刻化する中、日本では絶滅したオオカミを復活させようと真剣に活動する団体がある。

(6月7日 07時51分)
news104.jpg

表面温度が摂氏約4300度の惑星を、東大などの研究チームが発見。惑星の形成過程を探る手掛かりになるという。

(6月6日 14時19分)
news096.jpg

3Dプリンタで造形後も、人肌程度の温度であたためると自由に変形できる素材「“感温性”フィラメント」をユニチカが開発。2017年度中の販売を目指す。

(6月6日 12時32分)