科学・テクノロジー

IT製品・サービスにまつわる新技術や科学の話題を掲載します。

TOPICS

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

楽天が鳴り物入りで投入した電子書籍サービスに、発売当日から不具合が続出した。

ITニュースをめぐるあれやこれやを編集部からお届けします。

新着記事from エンタープライズ

3月3日

2月28日

2月27日

icon

超小型の人工衛星を50基打ち上げ、宇宙から地球を毎日撮影する――東京大学発のスタートアップがそんな計画を打ち出した。50基の小型衛星が生む新ビジネスとは何か。同社の中村友哉CEOに聞く。

(7月29日 07時00分)
news081.jpg

東芝は、64層の3次元NANDフラッシュメモリを開発し、世界で初めてサンプル出荷を始めたと発表した。

(7月28日 12時04分)

ソフトバンクとホンダが、AI技術「感情エンジン」をモビリティに応用する共同研究をスタート。クルマが感情を持ち、ドライバーの“相棒”のようになる世界を目指す。

(7月22日 13時44分)
news075.jpg

JAXAが、国際宇宙ステーションを模した閉鎖環境に2週間滞在する被験者を一般募集。今年2月の実験に続き、2度目の募集となる。

(7月22日 12時11分)
news062.gif

囲碁や将棋で人間に勝つまでに成長したAIが、戦闘機同士の空中戦でも人間を打ち負かした。ハードは35ドルのRaspberry Pi。将来は操縦席のない“無人戦闘機”が飛び交うことになりそうだ。

(7月20日 08時41分)
news061.gif

新日鉄住金が、建物の寿命を延ばしたり、老朽化したインフラの経年劣化を食い止めたりする素材として、チタンの開発に力を入れている。

(7月19日 08時17分)
news073.jpg

JAXAがX線天文衛星「ひとみ」の後継機を打ち上げる計画を明らかに。文部科学省が内容を精査し、2020年の打ち上げを目指す。

(7月15日 10時18分)
news067.gif

クロマグロの水揚げ量が減少の一途をたどっている。その背景には何が。

(7月14日 08時23分)
news118.jpg

富士ゼロックスと慶応義塾大学が、立体物の内部構造や色などを高い表現力で出力できる3Dプリント用データフォーマット「FAV」を共同開発した。

(7月13日 15時36分)
news106.jpg

眼鏡型端末で手元を見ると、仮想キーボードが現れ、指の動きでボタン入力やフリック入力ができる――NECがAR(拡張現実)技術「ARmKeypad Air」を開発した。

(7月13日 13時38分)
news141.jpg

9日にISSに到着した宇宙飛行士の大西卓哉さんが「Google+」を更新。ISSでの初仕事の様子などを紹介した。

(7月12日 17時07分)
news064.gif

厚労省が子宮頸がんワクチンの積極的な接種勧奨を中止して3年。「中止が続けば子宮頸がんの患者が増えてしまう」と危機感を募らせる学術団体に対して、被害者団体は「時期尚早」と主張する。

(7月12日 08時19分)
news074.jpg

自動運転車の高速走行時の安全性を確保するためには複数の検知システムが必要であり、LIDARもその1つだと独部品メーカートップは指摘した。(ロイター)

(7月11日 11時06分)
news085.jpg

 太陽のように輝く恒星が3つある惑星が地球から約320光年先に見つかったと、米大学らの研究チームが発表。

(7月8日 12時03分)
news089.jpg

宇宙飛行士・大西卓哉さんが搭乗したロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げに成功。

(7月7日 12時35分)
news077.jpg

マウスの腸内にある「W27抗体」という物質が悪玉菌の増殖を抑えることが分かったと、奈良先端科学技術大学院大学が発表した。

(7月7日 11時43分)
news076.jpg

Tesla車が自動運転モードで走行中に死亡事故を起こしたことで、自動車業界や規制当局にとって、自動運転技術の安全性の確保はますます重要な課題となっている。(ロイター)

(7月7日 11時28分)
news072.gif

X線天文衛星「ひとみ」が、故障前に世界初の成果をあげていたことが分かった。銀河団のガスの運動の観測に世界で初めて成功し、予想よよりも動きが穏やかだったことを突き止めていた。

(7月7日 11時07分)
news113.jpg

NASAの無人探査機「ジュノー」が木星の上空に到達した。Google検索のロゴの部分が、ジュノーとNASAの管制室を描いたアニメーションに変わっている。

(7月5日 15時34分)
news107.jpg

火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」は、巨大な天体が火星に衝突して生まれた――そんな研究結果を、東京工業大学などが発表した。

(7月5日 14時29分)
news071.gif

イーロン・マスク氏が、2024年に火星への有人飛行を行う計画をぶち上げた。人類の火星移住を最終目標に掲げており、その第一歩となる。「2024年火星の旅」は本当に実現するのか……。

(7月5日 08時10分)
news074.jpg

血液中の酵素から本人の年齢層を推定する方法を米大学が考案。犯罪現場の血痕から犯人の年齢を推定するなどの活用を見込む。

(7月4日 14時19分)
news137.jpg
コンテンツ東京2016:

人工知能が感情を持ち、人を愛するようになったら――そんな未来を想定したデモが「コンテンツ東京2016」に登場。小説「BEATLESS」のキャラ、レイシアがモニターに現れ、会話に応じてリアクションしてくれる。

(7月1日 16時18分)
news117.jpg

サルの遺伝子を「ゲノム編集」という技術で操作し、免疫機能を低下させることに成功したと、慶応義塾大学などが発表した。

(7月1日 13時38分)
news142.jpg

東京医科大学や資生堂などが、毛髪を再生する臨床研究をスタート。患者本人の細胞を採取し、培養した後で移植する。

(6月28日 16時58分)
news080.jpg

JAXAの探査機「はやぶさ」がイトカワから回収した微粒子の表面に、4種類の模様があることが判明。小惑星の成り立ちの解明につながるという。

(6月23日 10時35分)
news078.jpg

「もしPepperが、ご自身よりも優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?」――ソフトバンクグループの株主総会で、孫社長がこんな質問に答えた。

(6月23日 10時19分)
news066.gif

人工知能の研究開発競争が世界的に激化している。トップを走る米国と比べ「周回遅れ」といわれる日本の活路は。

(6月21日 08時29分)
news129.jpg

ニホンザリガニが生息するかどうかを川の水に溶けたDNAを調べることで判定する方法を、北海道大学と兵庫県立大学の研究チームが開発した。

(6月20日 17時28分)
news091.jpg

131億光年先の銀河で酸素の観測に成功したと、大阪産業大学などの研究チームが発表した。人類が見つけた酸素としては最も遠くにあるという。

(6月17日 11時55分)
news075.jpg

宇宙空間の時空の「ゆがみ」を伝える「重力波」の2度目の観測に成功したと、米国の研究チーム「LIGO」が発表した。

(6月16日 11時54分)
news127.gif

日産自動車は、バイオエタノールから発電した電気で走る新しい燃料電池システムを発表した。2020年の実用化を目指す。

(6月15日 16時47分)
news127.jpg

副腎のがん細胞に効く新薬を、量研機構が開発。投与した薬剤ががん細胞に到達し、体内で放射線を照射してピンポイントに治療する。

(6月14日 16時25分)
news110.gif

初音ミクのライブをVR空間で楽しめるPS VR専用ゲーム「初音ミク VR フューチャーライブ」が10月13日から配信される。

(6月14日 13時51分)
news112.jpg

尿中の代謝物を解析することで、がん患者を識別する技術を日立製作所と住友商事グループが共同で開発した。尿を用いた簡便ながん検査方法の確立を目指す。

(6月14日 13時45分)
news077.gif

三井住友銀が、AIを使って顧客ごとに最適な金融商品を提供していけるよう、顧客の投資行動パターンを脳科学を使ってあらかじめ分析する作業を始める。

(6月14日 07時56分)

AI研究は米国が先行しており、日本は出遅れた。この先、巻き返すことはできるのか――。

(6月10日 08時15分)
news131.jpg

理化学研究所が発見した113番元素の名称案「ニホニウム」(nihonium)をめぐり、一般から意見を募るパブリックレビューが始まった。

(6月9日 16時57分)
news093.jpg

失明につながる「病的近視」を発症した患者は、子どもの時から視神経に異常が現れていた――東京医科歯科大学が研究成果を発表。失明の恐れがある子どもを早期に発見できるという。

(6月9日 13時14分)
news062.gif

教育分野へのAI導入が進んでいる。だが、AIには「絶望的に難しい」科目もあるという。

(6月9日 08時20分)
Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -