ITmedia NEWS >

科学・テクノロジー

IT製品・サービスにまつわる新技術や科学の話題を掲載します。

icon

最大震度7を観測した9月6日の北海道地震から2カ月が過ぎた。道内は全域が停電する「ブラックアウト」に陥ったが、人口が密集するほかの大都市圏でも起こる可能性は否定できない。例年電力消費が増える冬が到来する前に、「節電」の大切さを考えたい。

(11月16日 06時59分)
news065.jpg

ISSの実験で作成し、日本が初めて独自に回収した試料が13日午前、JAXAの筑波宇宙センターに到着した。

(11月14日 07時55分)
news064.jpg

漁師が設置した定置網に入り込み、脱出できずに死んでしまうウミガメを救おうと、神戸市立須磨海浜水族園が、網に取り付けることでウミガメが自力で脱出できる「ウミガメ脱出装置」の開発に成功した。

(11月14日 07時50分)

スーパーコンピュータの計算速度の世界ランキング「TOP500」が12日発表され、米国のスパコンが2連覇を果たした。日本の最上位は産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」で、6月に発表された前回ランクの5位から7位に後退した。

(11月13日 07時38分)

小惑星「リュウグウ」を観測中の探査機「はやぶさ2」が来年7月ごろに地表に投下予定の小型ロボットに不具合があることが8日、分かった。東北大の開発責任者が明らかにした。復旧しない場合、計画通りの実験ができなくなるという。

(11月9日 08時11分)
news090.jpg

3つの単語でピンポイントで場所を伝える位置情報技術を開発したイギリスのベンチャー企業what3wordsが「Sony Innovation Fund」から資金調達を実施する。

(11月7日 13時34分)
news054.jpg

プログラミングを子供たちに学んでもらおうという動きが高まっている。子供の習い事としてプログラミングが定着しつつあり、国も小学校での必修化を決めたが、教育現場からは「どう教えたらいいのか」などと困惑の声も上がっている。

(11月7日 06時58分)
news097.jpg

名古屋大学の研究グループが「朝食を食べないと体重が増える」メカニズムを、ラットを使った実験で解明したと発表。

(11月2日 14時14分)

10月11日に起きたロシアの宇宙船「ソユーズ」の打ち上げ失敗事故の原因は、「1段目のロケットブースターを切り離す際にセンサーが誤作動を起こし、2段目のロケットに衝突した」と発表。

(11月1日 07時39分)
news089.jpg

NASAが宇宙望遠鏡「ケプラー」を燃料切れのために引退させる。

(10月31日 14時18分)
news091.jpg

ディープラーニングによって少量の血液からがん有無を判定するシステムの開発を目指し、DeNAとPreferred Networks(PFN)が共同設立したPFDeNAが研究スタート。2021年の事業化を目指す。

(10月29日 15時17分)
news053.jpg

北海道大樹町といえば“宇宙の町”として知られている。この地でJAXAが実験を繰り返し、ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」も国内初の民間ロケット打ち上げを目指す。そして今、宇宙関係者の注目を集めているのが既存の施設を大幅に拡充した日本初の“宇宙港”構想だ。

(10月29日 07時30分)
news058.jpg

CEATECでPFNが展示したお片付けロボット。ハード自体はごく普通の研究用ロボだが……。

(10月24日 06時52分)
news095.jpg

ソニーのICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を、ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発した。

(10月23日 14時56分)
news096.jpg

あのゴジラが星座に――NASAなどの研究チームが、「ゴジラ座」などを含む新たな“星座”を発表した。ガンマ線を放射する天体「ガンマ線天体」を線で結び、「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」として考案。

(10月18日 16時32分)
news071.jpg

ベンチャーのNeUとVRデバイス開発のFOVEが生体情報を一括計測するVRデバイスを共同開発。ユーザーの興味関心を客観的に計測できる。

(10月15日 12時14分)
news053.jpg

JAXAの水星探査機「みお」が20日、欧州のロケットで打ち上げられる。水星は謎が多く、日本初の探査で内部構造や成り立ちの解明を目指す。欧州の探査機と一緒に打ち上げ7年後に到着し、共同で史上最も詳しく観測する。

(10月15日 07時53分)
エンタメよもやま話:

「酒は百薬の長」は嘘? 「ココナッツオイルはヘルシー」も勘違い? 健康に関する2つの研究が話題です。

(10月15日 07時40分)

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から11日、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられたロシアの宇宙船ソユーズにトラブルが発生し、米露の宇宙飛行士2人が緊急脱出した。

(10月12日 06時35分)

ソユーズの打ち上げ失敗は、世界の宇宙関係者に衝撃を与えた。ソユーズは現在、国際宇宙ステーション(ISS)に飛行士を運ぶ唯一の手段で、打ち上げ凍結が長期化すればISSの運用に支障が生じる恐れがあり、影響が懸念される。

(10月12日 06時31分)
news112.jpg

はやぶさ2の小惑星リュウグウへのタッチダウンは、当初予定の10月下旬から来年1月以降に延期。リュウグウの地表が想定以上にでこぼこしているため。

(10月11日 16時31分)
news058.jpg

宇宙はこの先、少なくとも1400億年は存在し続けるという画期的な研究成果を東京大や国立天文台などの国際研究チームが発表した。これが予測できたのは、同天文台がハワイで運用している「すばる望遠鏡」のおかげだ。

(10月10日 07時40分)
news057.jpg

温度を変えると尺取り虫のように歩いたり、転がったりする不思議な有機化合物の結晶を、早稲田大と東京工業大の研究チームが開発した。硬い金属ではなく、柔らかい有機材料を使った次世代ロボットの実現につなげようと研究を進めている。

(10月10日 07時36分)
news090.jpg

ZOZOの前澤友作社長が、世界的なアーティストと共に月を周回する「#dearMoon」プロジェクトの記者会見を行い、記者からの質問に答えた。

(10月9日 13時55分)
news051.jpg

古くから世界中で愛されてきたランは多くの種類が絶滅の危機に直面している。原因はこれまで、乱獲や土地開発による自生地消失と考えられていたが、最近の研究により、小さなハエの幼虫が種子の大半を食い尽くし、追い打ちをかけていることが分かってきた。

(10月5日 07時55分)
news124.jpg

体調が優れないときには食欲がなく、脂っこいものより炭水化物を食べるのは、人間もヒアリも同じらしい。

(10月2日 19時43分)
news046.jpg

本庶佑氏の研究成果を基に開発されたがん治療薬「オプジーボ」。従来の抗がん剤とは全く異なるメカニズムが特徴で、有効性が高く副作用も少ない。多くの種類のがんに効く利点もあり、がん治療に革命をもたらす新薬として脚光を浴びている。

(10月2日 07時33分)
news045.jpg

ノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大特別教授の本庶佑さん。免疫の力を引き出してがんを治療する画期的な新薬は偶然の発見から生まれた。

(10月2日 07時19分)
news120.jpg

1ビットの情報を3人の脳が送受信する。

(10月1日 19時05分)
news118.jpg

デバイスにIPアドレスを割り当てることなくデータ通信を行えるIoT向け新技術「NIDD」の商用環境での接続実験に、ソフトバンクが世界で初めて成功したと発表した。

(9月28日 17時00分)
news072.jpg

「はやぶさ2」に搭載した小型ローバが撮影した、小惑星リュウグウの新たな画像をJAXAが公開。15枚の連続画像をつないだ14秒間の動画も。「この新しい世界の上に『立つ』体験をお楽しみください」。

(9月28日 07時02分)

宇宙が膨張していることを示す著名な「ハッブルの法則」の名前が変わるかもしれない。米国の天文学者ハッブルより早く宇宙膨張を指摘した別の天文学者の名前を追加し「ハッブル・ルメートルの法則」に変更する案が国際学会で議論されている。

(9月26日 07時14分)
news061.jpg

富士フイルムは、iPS細胞を用いる治験を今年度中に厚生労働省へ申請する方針。来年にも治験を始める考え。実現すれば企業として国内初のiPS治験となる。

(9月26日 07時02分)
news062.jpg

探査機「はやぶさ2」に搭載した小型ローバ「MINERVA-II1」が小惑星リュウグウの表面に着地。ホッピング機構によってリュウグウ表面を移動していることも確認した。「小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物になった」

(9月25日 09時14分)
news063.jpg

iPS細胞を利用し、卵子のもとになる卵原細胞を培養だけで作ることに世界で初めて成功したと、京都大のグループが発表した。20日付の米科学誌サイエンス電子版に掲載された。

(9月21日 07時54分)

【ロサンゼルス=住井亨介】「子供のころから月が大好きだった。月を見ると想像力をかき立てられた」。宇宙ベンチャーの米スペースX社と初の月旅行を契約した衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)は17日、月へ寄せ続けた熱い思いをこう吐露した。

(9月19日 07時10分)
news048.jpg

新宿から横浜に、10分で到着――。ライドシェア(相乗り)サービスで世界の移動のあり方を大きく変えた米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、2023年にも“第2の革命”を起こそうと準備をしている。スマートフォンで手続きをして、気軽に主要都市間を飛行する「空飛ぶタクシー」構想だ。課題は多いが、そのインパクトは大きく、実現に向けた取り組みが注目される。

(9月18日 07時20分)
news050.jpg

深海を無人ロボットで探査し、海底地図を作製する国際的な競技レースが来月にも、クライマックスを迎える。唯一の日本勢として決勝戦に臨む「チーム・クロシオ」に勝算はあるのか。戦略を探った。

(9月10日 07時20分)