ニュース
» 2006年08月07日 08時35分 UPDATE

Intel Mac対応VMware、WWDCで発表へ

Appleの開発者会議でVMwareのMac OS X対応仮想化ソフトが初めて披露されることになる。

[John Rizzo,eWEEK]
eWEEK

 仮想化ソフトデベロッパーの米VMwareは8月7日に、Appleの開発者会議World Wide Developers Conference(WWDC)に関連した発表を行う予定だ。VMwareによれば、スティーブ・ジョブズCEOによる基調講演終了後の2、3時間を使ってプレス向けのデモンストレーションを行うという。

 VMwareの発表内容について広報担当者はコメントを拒否したが、同社はIntel搭載Mac上で動作する、Mac版仮想化ソフトのデモを行うものと見られている。VMwareの仮想マシンが登場すれば、Parallels Desktopの強力な競合製品となる。

 VMwareはMac OS XでVMwareを使ってWindows Vistaを動作させるデモを行うとの観測が業界のコラムニストやブロガーの間で広まっている。Parallels Desktopは、現時点ではWindows Vistaのβ版を動作させることができない。現在のParallelsではVistaのACPI(Advanced Configuration and Power Interface)をサポートしていないためだという。バージニア州ハーンドンに本社を置くParallelsの広報担当者は、WWDCでVMwareがデモンストレーションを実施することは知っているが、Parallelsが何らかの発表を行うかどうかについてはコメントしなかった。

 Apple ComputerのXserveの次期Intelバージョン向けとして、VMwareがMac OS X版VMware Serverをデモするという可能性もある。

 Appleのサーバ製品は現在、PowerPC G5プロセッサを使用しているが、Appleは2006年末までにはすべてのMac製品ラインをIntelプロセッサにスイッチすると表明している。AppleはWWDCでMac OS Xの次期バージョン「Leopard」を初めて披露する予定だ。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -