ニュース
» 2006年08月08日 07時10分 UPDATE

VMware、Mac OS X版仮想マシン投入を正式表明

Parallels DesktopのライバルとなるIntel Mac用仮想マシンが登場する。

[ITmedia]

 米VMwareは8月7日、Intel搭載Mac上でx86対応のOSを動作させることができる仮想化ソフトを発表した。

 VMwareによれば、Windows、Linux、NetWare、Solarisの仮想マシンをMac OS X上で動かすことができるという。デモンストレーションが7日、Appleの開発者会議であるWorldwide Developers Conference(WWDC)で行われる。

 Mac版では競合のParallels Desktopに先行されているが、7年の歴史と400万人以上のユーザーを持ち、仮想マシンイメージの資産があることがVMwareの強みで、Mac版VMwareは、Windows、Linuxなどほかのプラットフォーム向けVMware上の仮想マシンを動かすことができる。

 セキュリティ、ロードバランシング、コラボレーション、データベース、開発、コミュニケーション、ビジネスアプリケーションといった250以上の仮想アプライアンスをVMware Technology Network(VMTN)からダウンロードして利用することができる(VMTNのメンバーになる必要がある)。

 β版は今年中にリリースされる予定。同社サイトから事前登録ができる。価格は未定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -