ニュース
» 2006年08月24日 07時58分 UPDATE

Apple敗北――Zen特許訴訟でCreativeに1億ドル支払いで和解

携帯メディアプレーヤーのユーザーインタフェースをめぐる基本特許で訴訟合戦となっていたが、Appleは事実上の敗北。

[ITmedia]

 米Apple ComputerとシンガポールのCreative Technologyは8月23日、iPodのユーザーインタフェースに関する、いわゆる「Zen特許訴訟」で和解に至ったと発表した。

 Appleは1億ドルをCreativeに支払い、Creativeが最近取得した特許をAppleの全製品に使用できる権利を得る。CreativeがApple以外の企業にも同じ特許をライセンス供与することが決まった場合、Appleは支払ったライセンス料の一部を回収できる取り決めとなっている。

 CreativeはiPodの周辺機器メーカーに与えられる「Made for iPod」プログラムに参加し、複数のiPodアクセサリーを今年中に発表する予定。

 「Creativeはこれだけの早い時期に特許を与えられて非常に幸運だった。この和解により、Creativeとの間で係争中の5件の訴訟を含め、同社との相違点をすべて解決し、係争が長引くことによる不安定な状態を取り除くことができる」とAppleのスティーブ・ジョブズCEOはコメントしている。

 CreativeはiPod周辺機器として、スピーカー、イヤフォン、ヘッドフォン、X-Fiオーディオシステムなどを投入すると述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -