ニュース
» 2006年08月24日 19時46分 UPDATE

Winnyで原発情報また流出 三菱重工から2度目

[ITmedia]

 三菱重工業はこのほど、同社社員の私有PCがWinnyのウイルスに感染し、関西電力の原発情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。原子炉や核物質防護に関する情報は含まれていなかったとしている。

 三菱重工関連会社からWinny経由で原発情報が流出するのは、昨年に続き2度目。

 流出したのは、原子力2次系配管の情報で、三菱重工と関電の打ち合わせ議事録や検査・点検関係の記録フォームなどが含まれていた。8月16日から8月22日にかけ、同社高砂製作所の社員の私有PCから流出した。

 三菱重工は昨年の流出事故以来、再発防止策を講じてきたが、防止策の実施状況や有効性を再チェックし、対策を検討するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -