ニュース
» 2006年08月29日 07時28分 UPDATE

GoogleとeBayが提携、Google TalkとSkypeの互換実現へ

米国外でのeBayで、Googleがテキスト広告配信を独占。また、SkypeとGoogle Talkを使ったClick-to-Callサービスを展開する。

[ITmedia]

 米Googleと米eBayは8月28日、複数年の戦略提携を発表した。提携はテキスト広告と、広告リンクをクリックして電話がかけられる「Click-to-Call」機能が中心。提携による新サービスの公開時期は未定だが、2007年前半には両社間でテストを始め、数カ月の評価期間を経て一般公開となる見込み。提携の一部には両者間での収益配分も含まれるとしているが、その詳細は非公開。

 テキスト広告分野での提携により、米国外のeBay上ではGoogleが独占的にテキスト広告を提供する。Click-to-Call機能の提携は、米国も含めたeBayとGoogleの検索プラットフォームが対象。eBay傘下のSkypeとGoogle Talkを使用したClick-to-Call機能の統合および開発を行う。

 また、SkypeボタンつきGoogle Toolbarの提供や、SkypeとGoogle Talk間の互換性の向上なども、今回の提携に含まれるという。

 SkypeとGoogle Talkは、オープン標準経由でチャットとプレゼンス機能の互換性を実現するとしている。

 eBayでは、今回のGoogleとの提携について、現時点では、2006年および2007年の同社財務実績に大きな影響はないものとしている。

 eBayは、今年5月にYahoo!とも複数年の戦略提携を発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -