ニュース
» 2006年08月29日 07時41分 UPDATE

EchoStarのTiVoへの「反撃訴訟」が延期

EchoStarの特許内容について米特許商標局が再審査を行う間、訴訟が延期になるとの決定が出された。

[ITmedia]

 デジタルビデオレコーダー(DVR)サービスの米TiVoと、衛星テレビサービス米EchoStar Communicationsとの特許訴訟で、TiVoの訴えに対し、EchoStarがTiVoに対して起こした訴訟が延期になることが決定した。

 両社間の知的財産権侵害訴訟では、まず2004年にTiVoがEchoStarを訴えている。これに対して2005年、EchoStarがTiVoとHumax USAを知的財産権侵害で訴えて「反撃」。今回延期が決定したのは、このEchoStarによる反撃訴訟で、米国特許商標局(USPTO)がEchoStar所有の特許を再審査する間、裁判が延期される。

 TiVoでは、USPTOがこれまで審査対象としていなかった古い特許の中に、EchoStarの主張が間違いである根拠が多く含まれている主張しており、今回の再審査と訴訟の延期を「歓迎している」とのコメントを発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -