ニュース
» 2006年08月29日 18時45分 UPDATE

E3の後継は東京に――スクエニ和田社長、ゲームショウの今後に言及

[岡田有花,ITmedia]

 米国で毎年開かれている世界最大級のゲームイベントElectronic Entertainment Expo(E3)が来年から規模を大幅に縮小すると表明したことについて、スクウェア・エニックスの和田洋一社長は8月29日、「E3縮小後、ゲーム業界の精神的求心力は東京が持つべき、と産業界(ゲーム業界)では考えている。東京ゲームショウを世界のゲームの発信源にしたい」と語った。

 同日東京大学で開かれた、経済産業省の報告書「ゲーム産業戦略 〜ゲーム産業の発展と未来像〜」の説明会で、記者の質問に答えて言及した。

 経産省は、東京ゲームショウと東京国際映画祭、東京国際アニメフェアなどコンテンツ関連のイベントを秋の一定期間内にまとめて行い、日本のコンテンツの海外発信力を高めることを目的とした「国際コンテンツカーニバル」構想を表明している。和田社長はこの構想に賛同しており、「コンテンツカーニバル化で、ゲーム業界のプレゼンスを高めることができる」と期待を語った。

 コンテンツカーニバルの時期や開催地などは未定という。同席した経産省文化情報関連産業課の小糸正樹課長も「具体的にどう作るかは、二階俊博大臣が検討中」とし、詳細は明らかにしなかった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -