ニュース
» 2006年09月02日 08時48分 UPDATE

Apple、iPod特許に次いで、iTunes特許でも和解

音楽ハードウェアについてはCreativeと、音楽ソフトウェアiTunesに関しては米国企業と和解に至った。

[ITmedia]

 米バーモント州の地方紙Burlington Free Pressの報道によると、Apple Computerは特許侵害訴訟で同州の会社と和解した。

 Apple Computerは、iTunesのアプリケーションが、自社の所有する特許を侵害したとして、Contois Music & Technologyから2005年6月に提訴されていた。Contoisによると、同社はiTunes Music Storeが立ち上がるより2年前の1999年に、音楽再生ソフトウェアの案を含む特許を取得していると、Burlington Free Pressは伝えている。

 AppleはiPodのユーザーインタフェース特許に関するCreativeとの係争についても、一時金支払いによる和解で解決している。

 同社のオーナーであるデビッド・コントイス氏は、自分のアイデアを、1995年と1996年のトレードショーで披露しており、Appleの当時の、またはその後入社した社員がそれを見て、アイデアを盗用したと主張している。

 両社は15時間の話し合いの末、8月17日に合意に至った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -