ニュース
» 2006年09月06日 08時10分 UPDATE

携帯電話に潜む危険――静かに浸透するモバイルスパイウェア

パソコンだけではない。いまや携帯電話にも、スパイウェアが知らぬ間にしかけられているかも知れない。

[ITmedia]

 インターネットセキュリティ企業のフィンランドF-Secureの調べで、Symbian OSをはじめとするモバイル機器向けOS上で動作するよう開発されたスパイウェアが、多数存在することが明らかになった。

 これらスパイウェアによく見られる機能は、SMS転送、SMSおよび通話ログ情報転送、遠隔盗聴、会議電話の盗聴などで、ローカライゼーション機能を含むものまである。つまり、携帯電話にスパイウェアをしかけられると、会話やメールなどすべての情報が流出してしまうのだ。

 こうしたスパイウェア開発メーカーは、合法的な使用法のみ念頭に置いていると説明する。例えば、妻や夫の電話にしかけたり(浮気調査など)、子どもを監視する、自分の電話の利用度をチェックするといったアプリケーションに利用するケースだ。

 開発メーカー側にはソフトの用途を見張る責任はない。だが、スパイウェアの上記のような使用をプライバシーの侵害とし、法の処罰の対象としている国も少なくない。また、こうしたソフトは企業スパイや個人情報窃盗、ストーキングなどの悪質な用途に利用される可能性もある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -