ニュース
» 2006年09月07日 09時24分 UPDATE

IBM、Cell搭載の「ペタFLOP」スーパーコンピュータ構築へ

OpteronとCell BEプロセッサを併用するIBMの「Roadrunner」は、1.6PFLOPSのピーク性能を実現する見通しだ。

[ITmedia]

 米IBMは9月6日、「Cell Broaband Engine(Cell BE)」プロセッサを採用した初のスーパーコンピュータの設計・構築を米エネルギー省国家核安全保障省から受注したと発表した。このシステムは1秒間に1000兆回の演算――ペタ(P)FLOPS――の処理能力を目指す。

 このスーパーコンピュータはコードネームで「Roadrunner」と呼ばれ、同省のロスアラモス国立研究所に導入される予定だ。プレイステーション 3(PS3)向けに開発されたCell BEと、AMDのx86プロセッサを併用するという。

 RoadrunnerはLinux、Opteron搭載サーバ「IBM System x 3755」、Cell BE搭載のブレードサーバ「IBM BladeCenter H」で構築される。1万6000個以上のOpteronコアと1万6000個以上のCell BEプロセッサを組織的に動かす高度なソフトを搭載し、幅広い科学・商用アプリケーションを処理できるよう設計される。ピーク性能は1.6PFLOPSを超える見通しだ。

 設置場所や消費電力についても考慮されており、高度な冷却技術と電力管理技術を採用する。設置面積は1万2000平方フィート(1115平方メートル)と、およそバスケットボールコート3.5面分だ。

 IBMはRoadrunnerの納入を年内に開始し、納入完了は2008年の見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -