ニュース
» 2006年09月12日 18時15分 UPDATE

番組のネット配信、権利処理を一元化 レコ協

楽曲を含む番組のネット配信の際に、著作権処理を一元管理する事業をレコード協会などが始める。テレビ・ラジオ番組などのネット配信を円滑に行えるようにする狙い。

[ITmedia]

 日本レコード協会と実演家著作隣接権センター(CPRA)は、楽曲を含む番組のネット配信の際に、著作権処理を一元管理する事業を10月8日に始める。テレビ・ラジオ番組などのネット配信を円滑に行えるようにする狙い。

 レコード協会はレコード会社から、CPRAは歌手など実演家からそれぞれ委託を受け、放送局やネット事業者から利用料を受け取って分配する。従来、楽曲入りの番組をネット配信する際は、作曲家や歌手などから事前に個別に許諾を得る必要があった。

 配信時の料率も決めた。オンデマンドで配信する場合と放送と同時にストリーミング配信する場合で異なり、前者の場合は、楽曲使用時間が番組の50%を超えていれば番組の収入の4.5%などとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -