ニュース
» 2006年09月13日 15時57分 UPDATE

キヤノンの家庭用コピー機に発火の恐れ・14万台無償点検

[ITmedia]

 キヤノンは9月12日、1978年〜1997年にかけて製造した小型コピー機「PC7」「PC80」「PC100」の一部で、まれに発煙、発火の可能性があるとして無償で、点検と部品交換を行うと発表した。

 定着器ヒーターの配線コネクターが、製造・修理時の作業不良により正しく接続されていない可能性があり、長期間にわたって使用した場合、極めてまれに、コネクタ部分で接触不良を起こし、発煙・発火に至る危険性があるという。

 対象機種は計約14万台。問い合わせ先は0120-570-007

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -