ニュース
» 2006年09月14日 17時28分 UPDATE

新Google Earthで3D日本の空を飛べ

Google Earth最新版はついに日本語に対応し、「さいたま」もそのまま表示。日本全国の建物の3D表示が可能になり、上空散歩がさらに楽しくなった。

[ITmedia]

 米Googleは9月12日、衛星画像表示ソフト「Google Earth」の最新版を公開した。日本語表示に対応し、各地の地名や操作メニューなどが日本語で表示されるようになった上、日本国内の建物の3D表示に対応。日本の上空散歩がさらに楽しめるようになっている。

photo 「さいたま市」も見える。日本語表示に対応したGoogle Earth新バージョン
photo ダウンロードページも日本語化され、より導入しやすくなった

 最新版はバージョン4.0.2080。日本語化が図られ、操作メニューや検索、「飲食店」「ショッピングとサービス」などの各種地域情報も実際に国内の情報を表示できるようになった。これまで東京の一部に限られていた建物の3D表示もほぼ全国に対応したもようだ。

 Google Earthは同社サイトから無料でダウンロードできる。高機能な有料版も選択可能だ。ダウンロードページも日本語化され、日本のユーザーが利用しやすくなっている。

photophoto 左下に表示される「レイヤ」中の「建物の3D表示」をチェックする(右)。操作インタフェースは旧バージョンから一新。回転はiPodのクリックホイール的に行え、中央のコントローラーでアナログジョイスティックのように移動できる。画面右上に表示されるようになり、画像表示領域が広がった
photo 東京国際フォーラムの形も再現された有楽町〜丸の内〜皇居方面
photo 飲食店情報も重ね合わせ表示できる
photo 東京ドームを見下ろす
photo 丸の内に超低空から侵入だ! capsuleあたりのピコピコミュージックを聴きながら見るとはまる
photo 東京都が開催候補地に名乗りを挙げた夏季オリンピックの会場予定地になり、「コミケ2016年問題」が早くも懸念されている聖地・東京ビッグサイト
photo 視点を下げれば入場待ちの行列を見下ろすムスカ気分

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。