ニュース
» 2006年09月15日 07時29分 UPDATE

Segway、ソフト不具合で約2万3500台リコール

ハイテクスクーターのSegwayが、2002年以来販売したハイテクスクーターすべてを自主回収する。ソフトウェアの不具合が原因。

[ITmedia]

 米Segwayは9月14日、2002年以来販売してきたハイテクスクーターSegwayの「i Series」「e Series」「p Series」「XT」「GT」「i2」の全モデルを自主回収すると発表した。回収されるのは約2万3500台。

 搭載されているソフトウェアの不具合により、突然タイヤが逆転を始め、乗っている人が振り落とされるという問題が報告されたため。速度を落とすためにSpeed Limiterが傾いているときにスクーターから降り、その後またすぐに乗ると、問題が発生するとされている。消費者製品安全委員会(CPSC)によると、落下事故はこれまでSegway側に6件報告されている。

 Segwayによると、スクーターそのものには問題なく、ソフトウェアをアップグレードするだけで問題は解決されるという。

 なお今月末発売予定の「x2」と新規に出荷される「i2」については、新しいソフトウェアが搭載されるため問題はない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -