ニュース
» 2006年09月15日 07時35分 UPDATE

Xerox、文書偽造防止用の微細フォントを開発

虫眼鏡がないと読めないような微細フォントが、クレジットカードや小切手、機密書類の情報操作防止に貢献する。

[ITmedia]
yu_font.jpg

 米Xeroxの科学者らが、虫眼鏡がないと読めない微細フォント「MicroText Specialty Imaging Font」を開発した。高さが1インチ(2.54センチ)の100分の1しかなく、出生証明書や小切手、機密書類の偽造を防止するのが目的。

 超微細文字は、現在すでにクレジットカード、小切手、紙幣などに採用されている。例えば、現行の米20ドル札に使われているアンドリュー・ジャクソンの右肩にある「点線」は、「The United States of America 20 USA 20 USA」という文字だ。

 Xeroxの新技術により、これら微細文字や数字のフォントが多種多様となり、偽造がより難しくなった。つまり印刷媒体によってフォントをパーソナライズすることで、運転免許証や小切手など、偽造文書作成を困難にする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -