ニュース
» 2006年09月16日 07時56分 UPDATE

Nikon、季刊誌購読サイトで個人情報漏えい

9時間にわたり、会員登録画面から会員の個人情報へのアクセスが可能だったという。

[ITmedia]

 ニコンの海外グループ会社米NikonのWebサイトで9月12日、9時間にわたり、個人情報漏えいにつながるシステム不具合が起きていたことが明らかになった。

 不具合が起きたのは、同社の季刊誌「Nikon World」の購読登録Webサイト。新規会員登録を行った9人が、Webサイト上からほかの登録会員の個人情報にアクセスできたという。対象となったのは2006年1月1日以降に会員登録を行った3235人の個人情報で、氏名や住所のほか、クレジットカード情報も含まれていたという。原因は、外部ベンダーのシステム不具合だとNikonでは説明している。

 Nikonでは当該システムの修復を既に完了。会員情報へのアクセスが可能だった9人に個別に接触するとともに、情報が流出した可能性のある3235人の会員に対しては、必要な処置を取るよう、事件に関する通知を行ったという。またこの事件に関し、専用のフリーダイヤルを設けて問い合わせに応じている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -