ニュース
» 2006年09月20日 11時17分 UPDATE

米国の大学や研究機関は、まだまだ女性科学者に不利――米調査

科学技術分野での国際競争が厳しくなる中、こうした状況の改善は必須として、採用、昇進方針の見直しなどの改善を提案している。

[ITmedia]

 米国の大学や研究機関では、女性研究者は採用や昇進で不利――米国の科学アカデミー、技術アカデミー、医学研究所などが9月18日、共同で行った調査の結果を発表した。科学技術分野での国際競争が激化する中、こうした現状は優秀な研究者の確保を阻害するとして、状況改善のための提言も行った。

 報告によると、この40年間で米国の女性研究者比率はわずか3%からおよそ20%へと増加。科学技術関連の学士取得者については、2000年以降、女性が全体の半分以上を占めているという。しかし、大学の常勤ポストに就く博士号取得者は、男性が女性の4倍以上になるうえ、女性の方が全体的に給与が低く、昇進も遅い。また、大学職員1000人を対象にした調査では、「研究が評価されない」「プロジェクト参加の機会が少ない」との回答は、男性よりも女性の方が多かった。

 報告では、大学や研究機関の幹部は、女性に不利な文化や組織構造を変えるよう努力する必要があると指摘。指導的地位への女性研究者の採用、定着、昇進に努めるよう、改善案を提示した。職員の採用に当たって、プロセスが公正か、多くの候補者を検討したかなどを明示すること、公正な人事のための基準作りやデータ収集を行う監査チームを組織することなどを提案。育児休暇の導入のほか、子供を持つ研究者を支援する学部に「目に見える」サポートを行うべきだとも提案している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -