ニュース
» 2006年09月22日 18時18分 UPDATE

「ひかり電話」障害はソフト不具合も一因

NTT東日本の「ひかり電話」が3日間にわたってつながりにくい状況になった問題は、同社の説明によると、処理増に伴うサーバのソフト不具合から輻輳が発生したためという。

[ITmedia]

 NTT東日本の光IP電話「ひかり電話」が3日間にわたってつながりにくい状況になった問題で、同社は9月22日、原因を報告した。サーバのソフトウェア不具合から輻輳(ふくそう)が発生したという。

 最初に障害が起きた19日は、呼制御サーバの処理増加に伴いソフトウェア不具合が起き、同サーバに輻輳が発生。その影響で中継系の呼制御サーバが輻輳していたことが分かったという。

 20日は、前日の輻輳から回復した際に中継系呼制御サーバが完全な初期状態に戻らなかったため、所定の性能を発揮できずに輻輳が生じたと推測している。

 このため20日午後に中継系呼制御サーバのソフトを初期状態に戻し、21日も同サーバの負荷を監視しながら通話規制を実施した(関連記事参照)。この間、同サーバの負荷軽減策として他サーバに回線の収容替えを実施した。

 22日は、通話量がピークとなる午前10時前後でも、規制をせずに安定処理が可能なことを確認した。ソフトの不具合は23日に修正を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -