ニュース
» 2006年10月04日 07時37分 UPDATE

Nokia、Bluetooth対抗の「Wibree」をオープン技術として発表

10メートル以内の短距離での無線通信を行う技術Wibreeは、従来の無線技術に比べて省電力、小型化、低コストを実現した。現在、他社と共同で技術標準策定を進めている。

[ITmedia]

 フィンランドNokiaは10月3日、新しい短距離無線技術「Wibree」を発表し、同技術をオープン技術として、他社と共同で技術標準の策定などを行っていること明らかにした。

 WibreeはBluetooth同様、0〜10メートル以内の短距離通信を行う無線技術。従来の無線通信技術に比べて大幅な省電力を実現しているうえ、小型で低コストだという。データ転送速度は1Mbpsとなっている。単体チップとしても、BluetoothとWibreeのデュアルモードチップとしても組み込むことが可能。従来のBluetoothの用途のほか、新しい用途として、スポーツ用センサーや時計といった小型機器での利用も想定している。

 Nokiaでは現在、Wibreeの技術標準の策定を、米Broadcom、英CSR、エプソン、フィンランドSuuntoや太陽誘電などと共同で進めている。商業用の標準仕様が公開されるのは、2007年第2四半期となる見込み。

 Wibreeについての詳細は、Webサイトに掲載されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -