ニュース
» 2006年10月06日 07時21分 UPDATE

MySpaceなどSNSの利用には要注意――米調査

SNSを利用する成人の83%は、ウイルスに感染している可能性のあるファイルをダウンロードしている。

[ITmedia]

 サイバーセキュリティの向上を目指す非営利団体National Cyber Security Alliance(NCSA)とソフトウェアベンダーの米CAは10月4日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)とサイバー犯罪に関する調査報告書を発表した。

 報告書によると、SNS利用者の57%が、サイバー犯罪の犠牲者となることを懸念しながらも、自分を危険にさらす可能性のある情報を開示していた。例えば74%は、メールアドレス、氏名、誕生日などの個人情報を公開している。

 またSNS利用者の83%は、他人のサイトにあった中身のわからないファイルをダウンロードしており、31%は宣伝メールやIMに応答していた。

 SNSを利用する子どもの親の51%は、子どものプロフィール公開を制限していないため、危険人物の目に触れる可能性がある。さらにこうした親の36%は、子どものSNS利用を放任していた。

 米国では一般にSNS利用者の中心は10代の少年少女といわれるが、この調査では、利用者の48%が18歳以上であることが判明した。また、利用しているのは若者だけではなく、SNSを利用する成人の53%は35歳以上だった。成人利用者の増加はSNS普及を意味し、同時にセキュリティリスクの増大も意味する、と同報告は警告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -