ニュース
» 2006年10月10日 12時38分 UPDATE

Windows XP SP1のサポート、10月の月例パッチで打ち切り

Windows XP Service Pack1のアップデートは10月10日(米国時間)のセキュリティ更新プログラムが最後となる。

[ITmedia]

 Microsoftは10月10日(米国時間)をもって、Windows XP Service Pack1(SP1)のサポートを終了する。

 SP1のアップデートは同日リリースされるセキュリティ更新プログラムが最後となり、これ以降はSP2用のアップデートのみの提供となる。

 MicrosoftではSP1のユーザーに対し、セキュリティ強化と継続的なWindows XPの更新のため、無料でSP2にアップグレードするよう呼び掛けている。

 旧版Windowsについては、Windows 98とWindows Meのサポートも2006年7月で打ち切られている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -