ニュース
» 2006年10月10日 17時30分 UPDATE

Firefoxのシェア後退

IEがシェアを伸ばした一方で、Firefoxはシェアを落とした。

[ITmedia]

 蘭Web分析会社OneStat.comは10月9日、2006年10月のブラウザ市場シェアを報告した。MicrosoftのInternet Explorer(IE)は7月以来シェアを2.8ポイント伸ばして85.85%とし、世界市場で首位を維持した。

 2位はMozilla FoundationのFirefoxで、シェアは1.44ポイント減の11.49%、Apple ComputerのSafariは0.23ポイント減の1.61%だった。

 米国市場でのシェアはIEが80.77%、Firefoxが14.88%、Safariが3.41%と世界市場とさほど変わらないが、IE以外のブラウザが比較的高いシェアを獲得している国もあった。

 例えば、オーストラリアではIEが64.1%、Firefoxが25.55%のシェアを有しており、ドイツではIEが60%、Firefoxが33.42%だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -