ニュース
» 2006年10月11日 16時54分 UPDATE

動画検索のblinkx、「テレビ的」新機能投入

blinkxの新サイトは、テレビの「座って見る」要素を持ち、ビデオクリップのサムネイル表示など視覚的な要素も取り入れている。

[ITmedia]

 動画検索サービスのblinkxは10月10日、テレビの「座って見る」要素と、オンラインビデオのインタラクティブな要素を併せ持つ新サイトを発表した。

 同社が投入するのはカスタマイズ可能な「Video Wall」、自動的に生成される人気コンテンツの「Channels」、「My Playlist」機能。

Video Wall:ビデオを検索した後に「wall it」をクリックすると、検索結果の上位のクリップが5×5でサムネイル表示される。テキストの一覧よりも多くの検索結果を一度に見ることができるとblinkxは述べている。ユーザーはカスタマイズしたVideo Wallを自分のブログに埋め込むことができる。

Video Wall Video Wall

My Playlist:クリップをドラッグ&ドロップで選んで並べることで、簡単にプレイリストを作成できる。プレイリストを再生すると、選んだクリップが1つのチャネルとして連続再生される。プレイリストを電子メールでほかのユーザーと共有することも可能だ。

Channels:blinkx.comページには、最もタイムリーで人気のあるトピックに関するチャネルが自動生成されて表示される。さらにユーザーの検索キーワードに対し、blinkxは検索結果に加え、関連するチャネルを表示する。

 「情報は視覚的にとらえた方が理解しやすいため、サイトのデザインを刷新して、効率的で目を引きやすいものにした」と創設者でCTO(最高技術責任者)スランガ・チャンドラティラク氏は述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -