ニュース
» 2006年10月30日 09時26分 UPDATE

ヤフーユーザーの情報盗む日本語の偽サイトに注意――Websense

偽サイトは本物のYahoo! Japanのサイトのように見せかけて、ユーザーのクレジットカード番号などを盗もうとする。

[ITmedia]

 ヤフーのユーザーを標的として、クレジットカード番号などを盗もうとするフィッシング攻撃が報告された。

 セキュリティ企業の米Websenseは10月27日にアラートを公開し、攻撃に使われたフィッシングサイトのスクリーンショットを掲載している。

websense_yahooj.jpg

 この偽サイトは本物のYahoo! Japanのサイトのように見せかけてあり、「Yahoo!オークションを継続してご利用いただくためには、Yahoo! JAPAN IDユーザーアカウント更新手続きが必要です」と記載。ユーザーのIDとパスワード、氏名、クレジットカード番号などを入力させるよう仕向けている。

 フィッシングサイトは日本でホスティングされ、Websenseがアラートを出した時点ではダウンしていたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -