ニュース
» 2006年11月02日 07時40分 UPDATE

PC移行作業を簡易化するソフト「PCmover」発売

米Laplinkは、PCの中身をまるごと別のPCに移行するソフトウェア「PCmover」を発売した。Vista対応版のリリースも予定されている。

[ITmedia]

 PCのセッティングやプログラム、ファイルなどを、簡単に別のPCに移せます――米Laplinkが、同社のソフトウェア「PCmover」をアピールしている。

 PCmoverを利用したプログラム移行では、各プログラムのアンインストールや再インストール、セッティングのやりなおしといった作業は不要。LANまたはLaplinkのUSBケーブルで2台のPCを接続し、両PCにPCmoverをインストールしておけば、セッティングやファイルも含めたプログラム移行が、一括作業で行えるという。

 PCmoverでは、Windows 95、98、Me、2000、XP対応のPCから、別のWindows XPのPCへの移行が可能で、ParallelsやBootcamp使用のMacへの移行もできる。また、Windows Vistaのリリースに合わせて、Vista対応版のリリースも予定している。

 PCmoverの価格は49.95ドルからで、米国内の大手小売店のほか、Webサイトからもダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -