ニュース
» 2006年11月03日 07時36分 UPDATE

FCC、ローガン空港の「Wi-Fi禁止」命令を却下

米連邦通信委員会は、コンチネンタル航空が、自社のラウンジ内にWi-Fi設備を導入することを禁じようとしたボストン空港に対し、「禁止は無効」との判決を言い渡した。

[ITmedia]

 米コンチネンタル航空による、空港内ラウンジでの無料Wi-Fiネットワーク設置の是非をめぐり、米連邦通信委員会(FCC)は、Wi-Fiアンテナの撤去を命じた空港側に、撤去命令を撤回するよう命じた。

 コンチネンタル航空は、ボストンのローガン国際空港のラウンジ内に乗客が利用できるようWi-Fiアンテナを設置。これに対し空港の所有者であるMassachusetts Port Authority(Massport)は撤去を求めていた。しかしコンチネンタル航空は、空港側の主張はFCCの「Over-the-Air Reception Devices(OTARD)」ルールに違反するとして、FCCに判断を仰いだ。

 FCCは、所有者の許可を得なくても、賃貸者がテレビ番組やその他ワイヤレスアプリケーションを受信するアンテナを設置する権利を認めたOTARDにより、コンチネンタル航空側の主張を認めた。

 CNETによれば、問題の発端は、同航空会社が2004年7月に導入した無料Wi-Fiシステムに対し、Massportが撤去を命じた2005年夏。Massportは空港内に独自のワイヤレスサービスを設置しており、1日当たり7.95ドルで提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -