ニュース
» 2006年11月08日 15時22分 UPDATE

日本のビジネスマン、仕事の情報源は「Web検索」がトップ 新聞・書籍を上回る

仕事の情報はWeb検索で探す──こんなワークスタイルが普通になってきていることがガートナーの調査で分かった。一方でポータルの情報サービスなどは利用度が低くなっており、検索エンジンの重要性が高まっている。

[ITmedia]

 日本のビジネスマンが仕事で利用する情報源のトップは、検索したWeb情報──ガートナージャパンは11月8日、ITを利用したワークスタイルについて調べた結果を公表した。同社は「インターネットの影響でビジネスマンの知的ワークスタイルが変革を遂げている」と分析する一方、「個人のインターネットスキルも重要になる」と指摘している。

 同社が持つビジネスマンの固定パネル約2000人を対象にしたWebアンケート方式で調べた。有効回答は567。

photo ニュースリリースより

 仕事で利用する情報源でトップになった「検索サイトを介して入手できる情報」(Web検索情報)の利用度は78.7%。「新聞・書籍・雑誌類」の74.8%を約4ポイント上回った。

 同社は「2位との差がわずかだったことから、両者が逆転したのは比較的最近のことと推定できる。長い間、ビジネスマンの情報源の中心は紙媒体だったが、現在はインターネットが上回っており、世界中で同様の現象が起きていると考えられる。これはインターネットがもたらした歴史的変革の1つといえるかもしれない」とコメントしている。

 「インターネット上のコミュニティ」(9.9%)や「ブログ」(3.0%)は少数派だったが、検索でヒットする場合も多いため、実際には利用度はこれより高いと見ている。

 「検索サイトでのみ提供されている情報」(18.0%)はポータルサイトの情報サービスと見られるが、Web検索情報に比べると利用度が低い結果に。同社は「ポータルがどれだけ情報を提供できるかで集客を競った時代があるが、今ではビジネスマンの情報源としてあまり重要でなくなっていることを示唆している」と指摘し、「検索エンジンがますます重要な存在になりつつあることを示すとともに、ビジネス情報がリアルからWeb、有料から無料・低料金への流れが加速している」と見ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -