ニュース
» 2006年11月08日 20時05分 UPDATE

コンパクト向け1200万画素CCD、シャープが開発

シャープがコンパクトデジカメ向け1200万画素CCDを開発した。

[ITmedia]

 シャープは11月8日、コンパクトデジタルカメラ向けに1/1.7インチで1200万画素のCCDを開発し、来年1月から量産出荷すると発表した。

photo

 画素セルサイズを業界最小クラスの1.88μメートル角に微細化し、1/1.7インチCCDで一眼レフ並みの高画素化を実現した。総画素数は1252万画素、有効画素数は1219万画素(4032×3024ピクセル)。

 独自の「4画素加算技術」を採用した製品も販売する。通常の4倍の感度で300万画素画像を撮影できるという。

 11月30日からサンプル出荷する。サンプル価格は、4画素加算技術を搭載した「RJ21Y3DA0ET」が7500円(税込み)、通常版の「RJ21Y3BA0ET」が7000円。量産時の月産は10万個を計画している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -