ニュース
» 2006年11月14日 07時50分 UPDATE

スーパーコンピュータTop500、トップはIBM

1位は前回に引き続きIBMのBlueGene/L。TSUBAMEは9位に、地球シミュレータはトップ10からすべり落ちて14位となった。

[ITmedia]

 11月11日から17日にかけてフロリダ州タンパで開催のスーパーコンピューティング国際会議「SC06」において、スーパーコンピュータの性能を比較する「28th TOP500」が公表された。

 同リストによると、1位は今年6月に発表された前回のランキング同様、米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)のIBM BlueGene/Lで、LINPACKベンチマークは280.6TFLOPS。2位には、サンディア国立研究所のCray Red Storm(101.4TFLOPS)がランク入りした。2位に100TFLOPSを上回るスーパーコンピュータがランク入りするのは今回初となる。

 3位は前回2位だった、IBMのThomas Watson Research CenterにあるeServer Blue Gene Solution(91.20TFLOPS)。4位はエネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所のIBM ASC Purple(75.76TFLOPS)。新たに5位となったのは欧州最大のシステムIBM JS21(62.63TFLOPS)で、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センターに導入されている。

 6位はサンディア国立研究所のDell PowerEdgeで、再計測したところ53TFLOPSと確認され、同地位を保持した。仏Bullが開発、仏Commissariat a l'Energie Atomique(CEA)が導入したNovaScale 5160は、新たなLINPACKベンチマークで52.84TFLOPSを達成したものの、6月の5位から7位へと後退した。

 9位は、東京工業大学に設置されているOpteronサーバ「TSUBAME Grid Cluster」(47.38TFLOPS)。10位にはエネルギー省オークリッジ国立研究所のCray XT3(43.48TFLOPS)がランク入りした。同スーパーコンピュータは6月には5位だった。ちなみに1年前に10位だった同機種の前モデルの性能は20.53TFLOPSである。

 5回連続で1位を獲得したNECの地球シミュレータは10位から転落、今回は14位となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -