ニュース
» 2006年11月16日 16時46分 UPDATE

Google、Yahoo!、MS、Sitemapsサポートで団結

Webサイトの情報を検索クローラーに提出するためのSitemapsプロトコルを、検索大手3社がサポートする。

[ITmedia]

 Google、Yahoo!、Microsoftは11月16日、「Sitemaps 0.90」のサポートを発表した。

 Sitemapsプロトコルは、Webマスターが自サイトを検索エンジンに通知して、検索インデックスに反映してもらうための簡単な方法を提供する。この取り組みは初め、Googleが2005年6月にリリースしたSitemaps 0.84をベースに、GoogleとYahoo!が進めてきた。

 SitemapsはXMLファイルで、検索エンジンに特定のページを巡回してもらうためのマーカーとして機能する。URLや最終更新時間などのオプションのメタデータをSitemapsファイルに格納してWebサーバに置くと、検索エンジンクローラーはどんなページが存在し、どれが最近更新されたかを把握できる。

 Sitemapsプロトコルはwww.sitemaps.orgサイトで入手できる。サイトオーナーは誰でもXML Sitemapsを作成してアップロードし、そのファイルのURLを対応検索エンジンに提出できる。

 3社は今後も同プロトコルに関して協力し、同サイトで強化機能を公開するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -