ニュース
» 2006年11月21日 07時38分 UPDATE

Second Lifeでウイルス騒動

オンラインRPG「Second Life」内にウイルスが出現。自己増殖を繰り返したため、駆除のためにサイトが一時閉鎖された。

[ITmedia]

 オンラインRPG「Second Life」がウイルスに感染、駆除作業のため、ユーザーからのアクセスを一時遮断するという状況に陥った。サイトは現在復旧している。

 問題を引き起こしたウイルスは、自己増殖を繰り返してSecond Life内の様々な場所に出現。データベースに多大な負荷を与え、Second Life内のアクティビティをスローダウンさせた。このため11月19日、Second Lifeを運営するLinden Labがサイトへのアクセスを一時閉鎖し、増殖したウイルスの駆除にあたった。サイトは10分程度で復旧した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -