ニュース
» 2006年11月22日 19時06分 UPDATE

添付ファイルの制限を「回避」する無料ソフト

PandoソフトはP2Pネットワークで「別送」することで、Gmailなど既存のメールアドレスから大容量の添付ファイルを送信できるようにする。

[ITmedia]

 添付ファイルのサイズ制限を気にせずに、電子メールを送信できる無料P2Pソフトを米新興企業Pando Networksが提供している。

 同社が11月21日にリリースした「Pando 1.2」β版は、P2Pネットワークを介して大容量のファイルをアップロード・ダウンロードするソフト。Yahoo! Mail、Hotmail、AOL Mail、Gmail、Outlookに対応したプラグインにより、これらのユーザーは既存のメールアドレスを使って最大1Gバイトの添付ファイルを送信できる。

 ユーザーが電子メールにファイルを添付すると、Pandoソフトはそのサイズを検出する(フォルダごとの添付も可能)。添付ファイルの容量がユーザーの指定した制限を超える場合、そのファイルはメールとは別に、P2Pネットワーク経由で送信される。

ah_Pando.jpg

 電子メールはサイズの小さな.pandoファイルとともに送信される。受信者が.pandoファイルを開くと、P2Pネットワークから添付ファイルがダウンロードされる。受信者がファイルを受け取るには、Pandoソフトをインストールしている必要がある。

 またPandoは、Yahoo! Messengerから大容量ファイルを送れるプラグインも提供している。

 Pando 1.2β版は無料でダウンロードできる。現時点ではInternet Explorer(IE)6と7にのみ対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -