ニュース
» 2006年11月28日 07時17分 UPDATE

ケータイゲーム、1回平均28分――Nokia調べ

携帯電話でゲームを楽しむユーザーが増えている。ケータイゲーマーの80%は最低でも週1回、34%は毎日ゲームを楽しんでいるようだ。

[ITmedia]

 携帯電話でゲームを楽しむ時間が長くなり、ケータイゲームにも高機能を求めるユーザーが増えている――フィンランドのNokiaが11月27日、中国、ドイツ、インド、スペイン、タイ、米国のケータイゲーマー1800人を対象に行った調査の結果を発表した。

 ケータイゲームを最低でも週1回はプレイすると回答したゲーマーは80%で、毎日プレイすると回答した人も34%いた。また、1回の平均プレイ時間は28分で、インド(39分)、米国(31分)、タイ(29分)の3カ国が平均を上回った。

 移動中にプレイすると回答したユーザーは61%で、自宅の62%とほぼ同率だった。また待ち時間など空き時間をつぶすのにゲームをする人が多かった(56%)。

 ケータイゲームを購入する決め手となるのは、「ゲームの内容がいい」(83%)、「繰り返し遊べる」(79%)、「ゲームのジャンル」(78%)が上位3条件。また、次世代ゲームに求められる最大の機能は、「グラフィックの質」(84%)と、「ゲームのダウンロード中にもほかの機能が使える」(78%)だった。

 購入前にゲームを試したいユーザーも多く、43%は週に2、3種類新しいゲームを試したいと回答。試した後は、「何本もゲームがダウンロードできるサブスクリプション契約を結ぶ」(27%)より、「気に入ったゲームのみを購入したい」(65%)ユーザーの方が圧倒的に多い。ゲームの入手方法としては、携帯でのダウンロード(45%)だけでなく、ネット購入も34%とかなり多かった。

 マルチプレイヤーゲームを携帯で楽しむ人も増えている。45%は、最低でも月1回は携帯電話でのマルチプレイヤーゲームを楽しんでいるとし、インドでは56%が最低でも週1度、4人に1人は毎日プレイしていると回答した。

 友人とゲームを共有したい人も多く、62%はデモゲームを友人と共有したいという。また79%は友人から送信されたサンプルゲームをプレイしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -