ニュース
» 2006年11月28日 15時21分 UPDATE

ネット通信制「サイバー大」に設置認可

ソフトバンクが来春に開校するネット通信教育制大学「サイバー大学」の設置認可へ。「大学教育の質を確保するためのガイドラインを作成・提出すること」など異例の11項目にわたる留意事項が付記された。

[ITmedia]

 文部科学相諮問機関の大学設置・学校法人審議会は11月27日、ソフトバンクが来春に開校するネット通信教育制大学「サイバー大学」の設置を認可する答申を出した。

 全講義をインターネットで行う大学で、「IT総合学部」と「世界遺産学部」の2学部制。定員は各学部650人(3年次編入を含む)の計1200人で、当初計画の2100人よりも800人減った。

 対面授業のない国内初のネット通信制大学となるため、同審議会は「大学教育の質を確保するためのガイドラインを作成・提出すること」「学生の本人確認を確実に実施すること」など異例の11項目にわたる留意事項を付記している。

 学長はエジプト考古学者の吉村作治氏。構造改革特区を活用して福岡市に設置する。ソフトバンクグループの日本サイバー教育研究所が運営する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -