ニュース
» 2006年12月01日 07時41分 UPDATE

Symantecがボット警告――パッチの適用を呼び掛け

Microsoft製品の脆弱性、Symantec製品の脆弱性を突いたスパイボットが登場。Symantecはパッチの適用を呼び掛けている。

[ITmedia]

 米Symantecは11月28日、Microsoft製品の脆弱性と、Symantec Client SecurityおよびSymantec Antivirusの脆弱性を突く新たなワーム「W32.Spybot.ACYR」が出回っていると報告した。Symantec製品の脆弱性は「SYM06-010」として報告されており、2006年5月25日にパッチもダウンロード可能となっている。そのため、パッチを適用しているユーザーは、感染の心配はない。

 Symantecによると、現在「.edu」ドメインでのみ、ポート2967のトラフィックが急増している。

 攻撃から身を守るには、製品を最新版へアップデートし、パッチをすべて適用するようにとSymantecは呼び掛けている。何らかの理由でパッチがダウンロードできない場合は、ファイアウォールでポート2967を閉じるようアドバイスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -