ニュース
» 2006年12月07日 19時05分 UPDATE

「代アニ」運営会社、民事再生申し立て

アニメ・ゲーム界に多くの人材を輩出してきた代々木アニメーション学院の運営会社が民事再生法の適用を申請した。負債総額は約22億円。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、アニメ関連専門学校「代々木アニメーション学院」を運営する代々木ライブ・アニメイションが12月6日に民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は約22億円。

 同社は1978年設立。通称「代アニ」と呼ばれる同校を運営し、東京のほか大阪、名古屋など全国に13校を展開。約6000人の生徒がいたといい、卒業生をアニメ・ゲーム界などに輩出してきた。

 1998年4月期には売上高約77億円を計上していたが、近年はアニメ関連教育分野で生徒獲得競争が激化。2005年4月期の売上高は約50億円に減少していた。

 新規開校や授業料の値下げなども功を奏さず、生徒数は横ばいで推移。2004年11月には東京国税局から不動産の差し押さえを受け、今年5月には学費の不当表示で公取委から排除命令を受けるなど、社会的信用も低下。資金繰りが悪化する中、手形決済のための資金調達が困難となり、民事再生を申し立てた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -