ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年12月19日 07時53分 UPDATE

Opera 9.1、フィッシングフィルターを強化――IE 7、Firefoxに対抗

IE 7やFirefoxに続き、Operaブラウザの最新バージョン「Opera 9.1」にもフィッシング対策フィルター機能が装備された。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは12月18日、同社のインターネットブラウザ「Opera 9.1」に、リアルタイムのフィッシング対策フィルター機能「Fraud Protection」を導入したと発表した。

 フィッシング対策フィルターは、ユーザーがフィッシング詐欺サイトと見られるサイトを閲覧した際に警告を出す機能で、Microsoftの「Internet Explorer 7」やMozillaの「Firefox 2」などに導入されている。

 Operaブラウザの旧バージョン「Opera 8」にもフィッシング対策機能はあったが、今回のFraud Protectionはデジタル認証のGeoTrustの技術を採用したほか、フィッシングURL収集サイト「PhishTank」の情報をリアルタイムで活用することで、フィッシング対策機能をより強化したという。

 Fraud Protectionの詳細はWebサイトに紹介されている。また、Opera 9.1は無料でダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.