ニュース
» 2006年12月21日 10時19分 UPDATE

MS-Novell提携で大手顧客獲得をアピール

相互運用上のメリットが決め手となって、Deutsche Bankなど世界大手3社の契約を獲得できたとMicrosoft。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月20日、Novellとの提携に関連してDeutsche Bankなど大手3社を顧客として獲得したと発表した。

 契約を結んだのはDeutsche Bank、Credit Suisse、AIG Technologiesの3社。個別の契約に基づき、Microsoftから各社にSUSE Linux Enterpriseのサブスクリプション証明を提供し、MicrosoftとNovellソフトを組み合わせたソース混在環境の運用を支援する。

 3社からの契約獲得の決め手となったのは、MicrosoftとNovellの提携による相互運用上のメリット、特許契約、双方向の仮想化ソリューションだとMicrosoftは説明している。

 Novellのロン・ホブセピアン社長兼CEOは「MicrosoftとNovellの提携発表から間もない時期にDeutsche Bank、Credit Suisse、AIG TechnologiesがSUSE Linux Enterpriseの導入を決めたことで、われわれの提携の価値が早くも実証された」との談話を寄せている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -